HaraTieさんの新作猫とプチシリーズ、今回は! 

HaraTieさんの新作到着です。

まずは、黒い上着がクールな猫。

瞳はグリーンです。

しっぽがちょっと太め。

柔らかな動きが特徴です。

 

そして、お待ちかねプチ・シリーズ。

今回届いたのは、クマとキツネ。

手乗りサイズで、どちらも23cm。

一点物ですので、プチ・ベア1905は、お衣装や靴の色など初代とはいろいろ違いがあります。

キツネくんは、お初のキャラ。

ホームページでも、ご紹介しています。

パペットハウス お薦めマリオネット作家 HaraTie ハラチエ

林由未さん作品「狼少年」

チェコで活動する舞台美術家の林由未さんの新作です。

青いオオカミ。顔立ちから、まだ幼い感じが見て取れます。

タイトルは、Vlčík(ブルチーク)。

林さんからのメッセージでは、「Vlčíkという単語はチェコ語にないのですが、おそらくチェコ人も、狼の少年と想像するような単語です」とのこと。

鉄心タイプのマリオネット。

40cmほどの大きさです。

到着早々にご売約となりましたが、今月いっぱいはパペットハウスで展示の予定ですので作品をご覧いただけます。

パペットハウスのホームページでもご紹介しています。

林由未 Vlčík(ブルチーク) 狼少年

※ 狛江のギャラリー広洋舎での展覧会「箱舟」も26日まで開催中です。

 

久しぶり!からくり獅子舞マリオネット到着!

ひょっとことおかめが、かわりばんこに顔を出す、川口新さんの「からくり獅子舞マリオネット」が到着しました。

今回も、迫力のある獅子頭。

クラシックな唐草模様。

柄の足袋がカワイイです。

動かすと鈴が鳴り、耳も動かせます。

 

ひょっとこ、おかめの顔は、こんな感じ。

豆絞りの手ぬぐいに、鹿の子の着物。

色の取り合わせが綺麗です。

ホームページでもご紹介しています。

川口新 からくり獅子舞1905 

クチパク人形、到着です!

井上文子さんの、動物もののクチパク人形3体が届きました。

今回は、イヌ、ネコ、ヒツジ。

それと、ハンドパペットの道化シリーズも到着です。

イヌは、いままでにないキャラクター。

ひげがチャーミングなベアデットコリー?

ネコは、黄色のトラネコです。ベストは着脱可能。

久しぶりのひつじキャラは、あたまの毛とスカートが着脱可能。

脱いじゃうと、こんな感じ。や~ん。

ホームページでも、ご紹介しています。

腹話術人形 井上文子

 

ハンドパペットは、ピン、ポン、パン、ロンに続くキャラクター「プン」

パペットハウスは、ゴールデンウィーク・10連休中も通常営業(日曜・月曜定休)しています。

みなさまのご来店をお待ちしています。

骨年齢。。。。骸骨年齢

プラハから届いたNa Dlani Marionette(ナドラニマリオネット)、手のひらサイズのガイコツくん。

Vítáme vas !

タイトルは、「Vítáme vas ! ヴィーターメ ヴァース / ようこそ!」です。

そちらの世界からこちらの世界へ、ようこそ!。

そっちが終わっても、こっちがまた始まりますよ~」と陽気な骸骨さんです。

死神?かもしれませんが、まだまだ幼い感じがします。

 

以前に制作された「Věčný optimista ヴィエチニー オプティミスタ / 永遠の楽観主義者」。

オバケと死神のおじいさんのコンビです。

この作品も「そろそろお迎えがきますよ~ こっちの世界も悪いもんじゃありませんよ~」と、歯が一本になってしまったおじいさん死神が、オバケに乗って明るく死をお届けに行くという作品です。

Věčný optimista

死神のおじいちゃん

佐久間氏の、世界観が垣間見える作品です。

 

さてここで、、、疑問が、、、。

死神とかガイコツに、年齢ってあるの?

この二人、どうみても「おじいちゃんと孫」にしか見えなくなってきました。

可愛いので、何枚も写真を撮ってしまいました。職権乱用です。

大きくなったらおじいちゃんみたいな立派な死神になるね(とか、、、)

オバケには、こうやって乗るのじゃ!(とか、、、)

うぉほほほぉ~! わ~い!!

ついつい空想というか妄想は膨らみます。

 

そういえば、悪魔にもおじいちゃんと孫がいました!

STARECEK  スタジェチェク / おじいちゃん 

STASTNY CERT  シュチャストニー チェルト / 幸せな悪魔

おじいちゃん と  幸せな悪魔

死神の世界も、悪魔の世界も、こちらとそう変わりはないのかも、、、。なんて。

あ。

女の子も、いるんですね。

「死神の女の子」

ROZLOUČENÍ ロズロウチェニー / 死神の女の子

 

小さなお化けの女の子

Dusinka ドゥシンカ /  小さなお化けの女の子

ふたりとも、素敵なお洋服だし、まだうら若い女性ですね。

佐久間氏にいろいろ聞いてみたい気持ちもありますが、届いた作品から想像を勝手に膨らませて楽しんでしまってもいいかな。

 

佐久間奏多氏の作品は、こちらから!

パペットハウス お薦めマリオネット作家 佐久間奏多

マリオネットの職業。。。

佐久間奏多氏の新作Na Dlaniマリオネット、かわいいコックさん。
タイトルは「郵便屋さんの兄弟」。
「彼は、”郵便屋さん”のお兄さんです」と、佐久間氏。

コックさんです。
弟の郵便屋さん。

その「郵便屋さん」は、2009年に制作されたNa Dlaniマリオネットです。
おヒゲの形がちょっと違いますが、、、確かによく似ています。
10年の時を経てお兄さん誕生!
こちらの世界ではありえないことですが、佐久間氏の頭の中とマリオネットの世界では当然のこと?
「働く男シリーズ」でもあるそうです。
Na Dlaniマリオネットの職業、、、ちょっと探してみました。なかなか見つからなかったのですが、「煙突掃除」「床屋さん」がありました。

煙突掃除の男の子
床屋さん

音楽関係者が、たくさんいました!

オペラ歌手
ミュージシャン
指揮者
メロディ泥棒

音楽関係でも、これは泥棒さんでした!!
芸能関係の方も多数!

バレリーナ
サーカスの踊り子

サーカスの人たちや道化師は、立派な職業。佐久間氏、たくさん作っています!

サーカス一座
ジャグラー
魔術師?
道化師

さすがに盗賊や泥棒は、職業にはいらないかも。。。。

盗賊たち
悪党、、、
和風の泥棒さん

王様とか王子様は、職業でしょうか。。。

王様!
王子です。

この方はいかがでしょう「執事」。でもおばけです。。。

俊足の執事

佐久間氏が多く作る悪魔や天使も、仕事?職業?死神や神様は!!

死神です。
神様です。

何をしているのか、だんだんわからなくなってきましたが、過去の作品をいろいろと探してみたら、楽しい発見がたくさんありました。

佐久間奏多氏の作品は、こちらから
お薦めマリオネット作家 佐久間奏多

新作が、ぞくぞく到着しています。

kinokosupaさんの「タムア王国」のヒトタチ3体が届いて、パペットハウスの店内を華やかにしてくれています。

そして、お待ちかね!

チェコから、もたくさんのマリオネットが届きました。

犬、猫、道化、仮面、コック、妖精。

佐久間奏多作品、どれも素敵です。

それぞれの、作品タイトルもまた素敵。

ホームページで、間もなくご紹介の予定です!

道化

仮面

コック

妖精

どうぞお楽しみに!!

 

kinokosupaさんの「タムア王国」のお話

昨日ご紹介したkinokosupaさんの新作マリオネット。

タムータムア姫のことが気になって、kinokosupaさんに聞いてみました。

すると、、、

素敵な物語が!

『タムータムア姫は、タムア王国のお姫様で、

王国の国民からは「タムー姫」と呼ばれ、親しまれています。

タムア王国の国民は、タムア王室が大好きなので、名前に「タム」を付けるのが自然な習わしとなっています。

「ゴウタム」や「ベレタム」なども、タムア王国出身の国民です。

「ホワタム」と「チェリタム」は、王国にあるカギ屋で働く職人です。』

タムタム王国ではなく、「タムア王国」なんですね!!

タムア姫

可愛らしさの中に威厳があります!

ゴウタムです。

ベレタムです。

この二人は、タムア国でなにをしていたんでしょう。

ホワタムとチェリタムの胸に輝くカギのペンダントは、タムア王国のカギ屋さんで働くものの印なのかもしれません。

ホワタムです。

チェリタムです。

彼らの作ったカギがあれば、タムア王国の入り口の扉が見つかるかも!!

こんどは「タムア国王」の制作も、、、と言うお話もあります、、、(*^^*)

王国の成り立ちや、国の様子、王族の構成など、まだまだ謎の多い「タムア王国」。

kinokosupaさんの世界、楽しい空想はどんどん広がります。

kinokosupaさんの作品は、ホームページでもご紹介しています。

Puppet House ホームページ お薦めマリオネット作家 kinokosupa

kinokosupaさん、新作マリオネット到着!!

お待ちかね!

kinokosupaさんの新作マリオネットが3体到着しました。

まずは、タムータムア姫

ウサギのチェリタム

妖精のホウタム

今回到着の3体は、名前にタムがついています。

タムタム国から来たのかも、、、、。

なんて考えると楽しい。

お店がパッと明るくなりました。

皆さんのご来店をお待ちしています!

ホームページでも、近日中に公開予定です。

どうぞお楽しみに。

井上文子さん ハンドパペットの新作到着

昨秋デビューした、井上文子さんのハンドパペット。

ブログでもご紹介しました。

井上文子作、ハンドパペット登場!

ポンとロン

片手使いの魅力が詰まった道化たち。

今年はじめに、井上さんのご主人でもある人形劇団トロッコの潟見さんが、お店においでになったときに「数が少ないとやっぱり寂しいです。」と訴えましたところ、道化仲間が新たに2体届きました。

その名も、ピンとパン。

ピンっと帽子の上に4本モールが立っているのが「ピン」

ピン、です!

パンっと、帽子が二つに割れているのが「パン」

パン、です!

相変わらず安易な名付けでスミマセン。。。

前回到着の「ポン」も加わって「ピン・ポン・パン」

ポンです!

小ネタですが、、、

井上文子さんは、昔、フジテレビの「ママと遊ぼう!ピンポンパン」の人形制作をされていたそうです。

トゥーランドットの三人の道化のようでもあり、楽しい道化シリーズのハンドパペットが揃いました。

三人揃って、お店でお待ちしています。

ホームページでも、近日中にご紹介予定です。

可愛い動物の道化のクチパク人形も、一緒に届いています!!

こちらも、近日中にホームページでご紹介の予定です。