明日。5月28日(木)から店舗の営業を再開いたします。

首都圏の緊急事態宣言が解除されました。

パペットハウスは、4月12日(日)から店舗の営業を自粛していましたが、約一ヶ月半ぶりにお店を再開いたします。

今日は、再開のための準備をしています。

狭い階段の上ですが、手指の消毒のためのジェルを設置しました。

ご入店の際は、マスクの着用とともにご協力ください。

また、体調の優れない方は、またの機会においでいただけすようにお願いいたします。

狭いお店ですので、「密」を避けるため、ご入店をお待ちいただくことがあるかもしれません。どうぞご容赦ください。

さほど「密」になることはないかと思っていますが、、、。

新作情報は少し先になりそうですが、「企画展」なども少しづつ考えていこうと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

今回、撮影にに協力してくれたのは、チェコのマリオネット作家 SOTAK氏の作品「ヴァーツラフ」さんです。

慣れないマスク姿で様々なポーズをとってくださいました。

ご協力、ありがとうございました!

 

梱包してみた。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、店舗の営業を自粛中のパペットハウスです。

お店は閉まっていますが、通信販売は継続しています。

ご注文をいただいていた、HaraTieさんの「Marionetas2003」が完成したので、自宅で梱包作業を行うことにしました。

マリオネットの梱包は、糸が絡まないように最初に糸を束ねて縛ってしまうことが大切です。ビニタイやリボン、ひも、なんでもかまいません。

一にも二にも「結束」です。

人形とコントロールと糸とが、ごちゃごちゃにならないようにすることも大事です。

言葉でアレコレ説明しても分かりにくいので、マリオネタスの梱包作業を動画で撮ってみました。

 

ただただ「包む」動画ですが、ご参考になれば。

ちなみに、梱包を解くにはこの逆順で。

マリオネットを吊り下げてから、最後にビニタイ、リボン、ひもを解いてください。

 

営業を自粛いたします。

4月7日(火)に、政府からコロナウィルス感染拡大防止のため「緊急事態宣言」が発令され、外出の自粛も強く要請されています。

パペットハウスのある飯田橋も、外を歩く人の数は目に見えて少なくなっていると感じます。

パペットハウスも、店休日明けの来週火曜日、4月14日から、しばらくの間、店舗の営業を自粛いたします。

通信販売でのご利用は可能ですので、メール・電話などでお問い合わせください。

お電話での問い合わせにつきましては、留守番電話にご連絡先を吹き込んでいただけましたら、折り返しご連絡いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

皆様、お体大切にお過ごしください。

 

パペットは、「急」ではないかもしれませんが、「要」なものだと思います。

こんなときこそ、自宅待機の心の友、癒やしになってくれることを願っています。

 

2020年のポストカード、出来ました。

毎年制作しているパペットハウスのポストカード、制作時期がまちまちなのには、諸般の事情が、、、。

今年は年度末に間に合って、4月1日から配布開始です~

 

今年は、ペアとか集団での画像を多用してみました。

Moffy たち

ちびドンゴロスたち

アヒルちゃんたち

スケルトンちびスケルトン

プチ・ベアプチ・キツネ

ペルチエWペルチエ・ミニ

などなど。。。。

 

お店にいらした際には、お手にとってみてください。

 

今年もよろしくお願いいたします!

あけましておめでとうございます。

パペットハウス、2020年2月で25周年を迎えます。

20周年のときも、よくここまで続けられてきたなあ、、、と思いましたが、それからもう5年。。。

たくさんの方に支えられて今があります。

感謝を新たに、また新たな歩を進めたいと思います。

本年も、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

Mary Edwards (メアリー ・エドワーズ) Punch & Judy

25周年ということで、今年はパペットハウスのシンボルでもあるPUNCH&JUDYを年頭の画像にしてみました。

なぜか、JUDY(妻)がPUNCH(夫)を張り倒す逆パターン、パペットハウスらしいデザイン?

おっと、真剣白刃取り!

自分から頭を差し出してどうする!!

 

舞台裏。肉体労働は私、店主はシャッターを押すだけ。

相変わらずの、割れ鍋に綴じ蓋コンビですが、よろしくお付き合いください。

本年もありがとうございました。

平成から令和となり、早くももう年末です。

今年のパペットハウスは、12月28日(土)までの営業となります。

あと2日。。。

今年も、たくさんの方にお出でいただきました。

本当にありがとうございます!!

来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。

新年は、1月4日(土)からの営業です。(日曜・月曜定休です)

 

「巨大人形 モッコ」見学会が開かれています。

懐かしい人形の糸の張替え

上記のブログでご紹介した、沢則行氏が現在制作中の「巨大人形 モッコ」。

月に数回、制作現場で見学会を開いているそうです。

その名も「巨大人形のひみつ、大公開!」

12月は、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)の4日。

年明けの予定は、ポスター・チラシがまだとのことですが、

1月18日(土)、25日(土)

2月1日(土)、15日(土)、22日(土)との情報が入りました!!

全日程とも、10時30分~16時まで。無料・事前予約必要なし

場所は、長野県高森町「高森アグリ交流センター」です。

巨大操り人形 モッコ見学会(高森町)

巨大操り人形「モッコ」のひみつを知るには。。。

「直接お車などで、高森町アグリ交流センターを訪れる。」です。

高森町。。。人形劇フェスタで有名な長野県飯田市のお隣の町です。

住所:〒399-3107 長野県下伊那郡高森町出原512−73

JR飯田線「市田駅」タクシー15分

主要都市と高森町を結ぶ高速バスが運行されています。下記サイトをご参考に。

http://www.town.nagano-takamori.lg.jp/branding/vol1/2039.html

 

タイミングが良ければ、日本とチェコ、世界中を飛んで回っている制作総監督の沢さんにお会いできるかも!

 

 

人形劇やばい!

人形劇やばい!と題したヤバイ?展覧会が、明後日11月14日(木)から始まります。

早稲田大学演劇博物館 特別展

人形劇やばい!

早稲田大学歴史館 企画展示ルーム

2019年11月14日(木)~12月24日(火)

10時から17時 (入館無料)

休館日 11/20(水)、27日(水)、12/4(水)、11日(水)、18日(水)

ダーク式糸あやつり人形

日本の〈現代人形劇〉の成立に大きな影響を与えた「ダーク式糸あやつり人形」といった所蔵資料のほか、『ひょっこりひょうたん島』のドン・ガバチョなど実際に使用された人形、舞台写真、上演映像その他貴重な関連資料約40点により、刺激に満ちた〈現代人形劇〉の世界を一望する展覧会です。

※ギャラリートークあり
日時:12月3日(火)13:30-14:00
講師:菊地浩平(人形文化研究者)、飛田勘文(早稲田大学演劇博物館助教)
参加費:無料

 

そして会場では、糸あやつり人形「Peltie-W ペルチエダブリュー」の体験コーナーが!!

ペルチエダブリュー、です!!

「人形劇やばい!」の展覧会会場で、マリオネット体験をすることができます。

もちろん、Peltie-Wはパペットハウスの定番マリオネットですから、パペットハウスでお試しいただけますし、ご購入は、パペットハウスで!!

懐かしい人形の糸の張替え

以前にお納めしたマリオネットの、糸の張り替えをしました。

作品は、沢則行氏作「ハチ」

2000年に制作されていますから、19年前の作品です。

糸が切れてしまっていますが、人形はとてもきれいで古びたり汚れたりした感じがありません。お部屋に普通に飾っていらしたということですが、驚きです。

まずは、コントロールと人形を分離。

コントロールの金属部分が少し錆びていたので、錆をとって磨きました。

糸を結んでいる箇所、繊細なループになっていますので、慎重に慎重に糸を取り外して。。。

新しい糸を結んで、調整したら出来上がりです。(以外に簡単、、、)

パペットハウスにある最後のNoriSawa作品「カニ」と記念撮影。

和の布と洋布を魅力的に使って、沢さんの舞台作品「KOUSKY(小品集)」を思わせる独特の造形。動きも、可愛いんです。

沢さんがパペットハウスのために作ってくれた作品たち、こちらからご覧ください。

★パペットハウス日本の劇人形 沢則行 NoriSawa  

 

その沢さんが、現在取り組んでいる仕事。

ご存じの方も多いかと思いますが、東京オリンピック「東京2020 NIPPON フェスティバル」東北復興プログラム、「しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYO へ」の人形製作の総指揮をしています!

詳細はこちらで。

幸せを運ぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ

「モッコ」の命名は、宮藤官九郎さん、ベースデザイン・世界観は、絵本作家イラストレーターの荒井良二さんです。

上の画像は、5月29日に発表された10分の1の大きさのモッコです。

実際のモッコは、10メートルにもなるとのこと。現在、長野県で製作中です。

モッコの膝部分に乗っている沢さん。大きい。。。

こんな大きなものが動くのか?

沢さんが今まで手掛けてきた「巨大人形劇」の一部をご紹介します。

※巨大人形劇 さんしょううお 

※巨大人形劇 岩見沢人 

※野外巨大人形劇 ピノキオ 

※冬の野外巨大人形劇 雪わたり

 

巨大人形モッコ、ぜひ間近でその大きさと動きを見てみたいものです。

小さいカニは、パペットハウスで!!

あれこれ人形展のお知らせ

第八回 にんぎょう うらら展

前半 2019/10/25(金)~10/29(火)

後半 2019/10/30(水)~11/3(日) 最終日16時まで

入場無料

会場 東京・浅草橋 吉徳 大光  吉徳浅草橋本店1・3・4F

東京都台東区浅草橋1-9-14

ホームページ https://www.yoshitoku.co.jp/urara04

 

人形の展示の他、様々なワークショップ、骨董市、古布販売など。

人形遣い 黒谷都さんによるパフォーマンスもあり!!

※特別企画 にんぎょう うらら展 第八回記念 特別講演

「市松さんだって踊りたい!?」

11月3日(日)14時~15時 3F うらら展会場

出演 黒谷都 (人形遣い)

 

みそろぎ人形展 -創作と民俗の出会い-

2019/11/13(水)~19(火)

丸善・丸の内4Fギャラリー A https://misorogi.blogspot.com/

入場無料

みそろぎ人形展、今年は11月に開催です。

パペットハウスでおなじみの石田ゆりさん、杉田明十士さんも出展予定です。

 

宮本寿恵子さん、浦安の小さなギャラリー「どんぐりころころ」での5回目の個展です。

宮本寿恵子展 この花を あなたに

2019/11/8(金)~11/14(木)

13:00~18:30

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ

https://fdonguri.com/