骨年齢。。。。骸骨年齢

プラハから届いたNa Dlani Marionette(ナドラニマリオネット)、手のひらサイズのガイコツくん。

Vítáme vas !

タイトルは、「Vítáme vas ! ヴィーターメ ヴァース / ようこそ!」です。

そちらの世界からこちらの世界へ、ようこそ!。

そっちが終わっても、こっちがまた始まりますよ~」と陽気な骸骨さんです。

死神?かもしれませんが、まだまだ幼い感じがします。

 

以前に制作された「Věčný optimista ヴィエチニー オプティミスタ / 永遠の楽観主義者」。

オバケと死神のおじいさんのコンビです。

この作品も「そろそろお迎えがきますよ~ こっちの世界も悪いもんじゃありませんよ~」と、歯が一本になってしまったおじいさん死神が、オバケに乗って明るく死をお届けに行くという作品です。

Věčný optimista

死神のおじいちゃん

佐久間氏の、世界観が垣間見える作品です。

 

さてここで、、、疑問が、、、。

死神とかガイコツに、年齢ってあるの?

この二人、どうみても「おじいちゃんと孫」にしか見えなくなってきました。

可愛いので、何枚も写真を撮ってしまいました。職権乱用です。

大きくなったらおじいちゃんみたいな立派な死神になるね(とか、、、)

オバケには、こうやって乗るのじゃ!(とか、、、)

うぉほほほぉ~! わ~い!!

ついつい空想というか妄想は膨らみます。

 

そういえば、悪魔にもおじいちゃんと孫がいました!

STARECEK  スタジェチェク / おじいちゃん 

STASTNY CERT  シュチャストニー チェルト / 幸せな悪魔

おじいちゃん と  幸せな悪魔

死神の世界も、悪魔の世界も、こちらとそう変わりはないのかも、、、。なんて。

あ。

女の子も、いるんですね。

「死神の女の子」

ROZLOUČENÍ ロズロウチェニー / 死神の女の子

 

小さなお化けの女の子

Dusinka ドゥシンカ /  小さなお化けの女の子

ふたりとも、素敵なお洋服だし、まだうら若い女性ですね。

佐久間氏にいろいろ聞いてみたい気持ちもありますが、届いた作品から想像を勝手に膨らませて楽しんでしまってもいいかな。

 

佐久間奏多氏の作品は、こちらから!

パペットハウス お薦めマリオネット作家 佐久間奏多

マリオネットの職業。。。

佐久間奏多氏の新作Na Dlaniマリオネット、かわいいコックさん。
タイトルは「郵便屋さんの兄弟」。
「彼は、”郵便屋さん”のお兄さんです」と、佐久間氏。

コックさんです。
弟の郵便屋さん。

その「郵便屋さん」は、2009年に制作されたNa Dlaniマリオネットです。
おヒゲの形がちょっと違いますが、、、確かによく似ています。
10年の時を経てお兄さん誕生!
こちらの世界ではありえないことですが、佐久間氏の頭の中とマリオネットの世界では当然のこと?
「働く男シリーズ」でもあるそうです。
Na Dlaniマリオネットの職業、、、ちょっと探してみました。なかなか見つからなかったのですが、「煙突掃除」「床屋さん」がありました。

煙突掃除の男の子
床屋さん

音楽関係者が、たくさんいました!

オペラ歌手
ミュージシャン
指揮者
メロディ泥棒

音楽関係でも、これは泥棒さんでした!!
芸能関係の方も多数!

バレリーナ
サーカスの踊り子

サーカスの人たちや道化師は、立派な職業。佐久間氏、たくさん作っています!

サーカス一座
ジャグラー
魔術師?
道化師

さすがに盗賊や泥棒は、職業にはいらないかも。。。。

盗賊たち
悪党、、、
和風の泥棒さん

王様とか王子様は、職業でしょうか。。。

王様!
王子です。

この方はいかがでしょう「執事」。でもおばけです。。。

俊足の執事

佐久間氏が多く作る悪魔や天使も、仕事?職業?死神や神様は!!

死神です。
神様です。

何をしているのか、だんだんわからなくなってきましたが、過去の作品をいろいろと探してみたら、楽しい発見がたくさんありました。

佐久間奏多氏の作品は、こちらから
お薦めマリオネット作家 佐久間奏多

山本由也劇人形写真集のクラウドファウンディング

パペットハウスでもおなじみの、山本由也さん。

人形劇団かわせみ座を主催し、その舞台の人形のすべてを、デザイン設計制作操演するマルチな人。

ここ数年は、劇団での活動以外に「Session セッション」というさまざまなアーティストとのコラボライブを精力的におこなっている。

そんなマリオネットアーティスト山本由也さんが、この春に、劇人形写真集を出版されます。

タイトルは「Great Marionette」。

A4判オールカラー200ページ、発売予定日4月20日。定価は、4,000円(税別)です。

1982年のかわせみ座立ち上げから現在まで、人形劇公演やSessionでの舞台撮影、スタジオやロケでスチール撮影した劇人形の写真集です。

出版にあたって、マリオネットアーティスト山本由也その人の生き様と、劇人形の魅力をたくさんの方に知っていただくために、クラウドファンディングという形をとることを決められたそうです。

目標額は、¥3,000,000。募集終了時間は、 2019年2月28日の 23時:59分。

サイン入り完成本やコラボライブの1日招待券、ポストカードセット、出版記念パーティーご招待など、リターンはとても魅力的です。

詳細は、こちらのページでご確認ください。

マリオネットアーティスト山本由也劇人形写真集「Great Marionette」

夢美術館での展覧会、間もなくスタートです。

当ブログでも以前にご紹介させていただいた、「チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション」が、間もなく八王子市夢美術館で幕を開けます。

ブログ「チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 展覧会のお知らせ」

今週の金曜日、2月8日スタートです。

昨日、ちょっとだけお手伝いに行ってまいりました。

八王子駅北口

JR八王子駅の北口に出て、駅を背に斜め左「ユーロード」。

いろんなお店も楽しい商店街。

ここを進むと、あちこちに展覧会のポスターや案内看板を見ることが出来ます。

案内版の上にオブジェが

ユーロードの突き当りまで行くと東京環状線16号にぶつかります。

ここのスクランブル交差点を、ローソン側に渡ります。

街なかに案内があります

広い歩道を約200メートル進むと、夢美術館です。

駅からはだいたい15分。

ここです

エレベーターで2階へ。

エレベーター入り口は小さめ

扉が開くと、そこはもう、チェコとマリオネットとアート・トイの世界です。

ちょっとだけ書いちゃってもいいかな。。。

グッズ販売コーナーには、八王子市夢美術館オリジナルグッズのほか、チェコグッズと絵本の販売もあるみたい、です。

心惹かれるものが、ありました!!

 

「チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ」 展覧会のお知らせ

展覧会のお知らせです。

 

八王子市夢美術館

「チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション展」

2019年2月8日(金)~3月24日(日)

 

パペットハウスにビラが届いています!

世界の玩具・遊具の研究者である東京造形大学の春日明夫氏のコレクションの中から、糸あやつり人形(マリオネット)とアート・トイを中心に、パペットハウスでもおなじみの佐久間奏多、林由未、バーラ・フベナー、ミロスラフ・トレイトナルの作品が展示されます。

展覧会では、100点以上の作品が展示されます。

ちょっとだけ、作品をご紹介します。

佐久間奏多
「CIRQUE LA VIE
シルク ラ ヴィエ」

林 由未「PEKLO ペクロ 地獄」

Miroslav Trejtnar/ミロスラフ トレイトナル「Robot ロボット」

Bára Hubená/バーラフベナー
「Kašpárek
カシュパーレク」

八王子市夢美術館は、JR八王子駅から徒歩15分。京王八王子駅からは18分です。

出展作家さんの作品は、パペットハウスのホームページでもご覧いただけます。

★佐久間奏多

★林由未

★バーラ・フベナー

★ミロスラフ・トレイトナル

どうぞお楽しみに!!

今年もありがとうございました。

パペットハウスは、12月28日(金)までの営業とさせていただきます。

新年は4日までお休みをいただいて、5日(土)からです。

今年も、たくさんの方にお出でいただきました。

本当にありがとうございました。

 

あと2日、皆様のご来店をお待ちしています。

 

ちなみに、、、私、年が明けると「還暦」です。

ということは、亥年の「年女」。

十干は己(つちのと)「己亥(つちのと・い)」です。

2007年、一回り前の「亥」指人形。

この画像は、12年前の干支指人形の画像(作・朝隈俊男)です。

「丁亥(ひのと・い)」

月日の経つのが本当に早く感じます。

そして、朝隈俊男作干支指人形 2019年の樽シリーズ・亥」は、今しばらく、しばらくお待ち下さいませ。

 

 

 

 

「たかさき絵本フェスティバル」のご案内

スロバキアとチェコ在住の日本人絵本作家さんの展覧会「たかさき絵本フェスティバル」のご案内です。

たかさき絵本フェスティバル

第25回絵本原画展 降谷なな・出久根育 展

同時開催「チェコ・スロバキア・ポーランドの絵本たち」

2019年1月19日(土)~29日(火)

10時~18時

会場:高崎シティギャラリー [第1展示室・予備室]
〒370-0829 群馬県高崎市高松町35-1

おとな 800円 (前売り600円)
こども 500円 (4歳以上18歳未満/前売り400円)

詳細は、http://takasakiehonfes.org

 

期間中のイベントとして、谷口直子さん(人形劇役者)とチェコ在住の林由未さん(人形芸術家)による人形劇「きんいろの髪のお姫様」の上演と、ワークショップ「つくってあそぼう あやつりにんぎょう」があります。

人形劇「きんいろの髪のおひめさま」(上演時間45分)

1月19日(土)13時開演(開場12時45分)

1月20日(日)11時開演(開場10時45分)

ワークショップ「つくってあそぼう あやつりにんぎょう」

1月19日(土)15時 / 1月20日(日)14時

人形劇以外にもギャラリートークやサイン会などイベントがたくさん。

※詳細は、ホームページ・FaceBookでご確認ください。

 

東京では、下記2ヶ所でも上演があるようですが、現在、詳細は不明です。こちらは席数に限りがあるとのことですが、、、、

★1月26日、ぞうしがやこどもステーション(豊島区)

★1月27日、カフェ&ギャラリー 広洋舎(狛江市)

人形劇「きんいろの髪のお姫様」は、今年(2018年)秋に九州で初演されました。

初演までのあれやこれやは、林由未さんのブログをご覧ください。

林由未ブログ http://www.yumi-hayashi.com

「ぴぴ☆しあたー」クリスマス上演とワークショップのご案内!

YUKI☆さんの、「客席ひとつの人形劇場/ぴぴ☆しあたー」。

たったひとり、あなたのために1回3分の人形劇。

木の洞から、そっと中を覗くとそこには素敵な空間が広がります。

そっと覗くと、、、

鎌倉の、絵本カフェ/SONGBOOKCaf’eさんで、

12月23日(土)24(日)の11:00頃~16:30頃

(※ お店の営業時間は11時~17時です。)

ぴぴ☆しあたーのクリスマスプログラム『クリスマス☆』がご覧いただけます。

ひと覗き350円!!。

絵本カフェ/SONGBOOKCaf’e  

 

そして、マリオネットづくりのワークショップ!!

「トコトコ☆サンタさんを作ろう!」

※木片と布と糸で糸操り人形を作ります。参加費 850円(材料費込)

所要時間約20分~。

予約不要ですが、材料がなくなり次第終了です。(最終受付16:30・閉店17:00)

人形持ち帰り用のちいさな袋(B5~A4位)をご持参下さい、とのことです。

 

クリスマスは、鎌倉で?!

詳細は以下、YUKI☆さんのブログで!

ブログ『ぱぺっと☆DAYS』

 

「gallery ダリダダ」のご紹介。

造形作家・宮本寿恵子さんのところに、お邪魔してきました。

宮本さんには、2002年と2004年に、パペットハウスギャラリーで、個展を開いていただきました。

2002年 フランケンシュタインの憂鬱

2004年 僕にピアノソナタを聞かせて

私の、大好きな作家さんです。

 

宮本さんのご主人は、みやもとただおさん、絵本作家です。

先日、当ブログでご紹介した「マリオネット・コンサート&パペット・パフォーマンスのご案内」

ここで上演される人形劇「ねこのてかします」の原作は、みやもとただおさんです。(演出・美術は別の方です)

原作は、みやもとただおさん。

 

絵本作家×造形作家の宮本ご夫妻が、手作りで作り上げたのが、

「gallery ダリダダ」

白い壁にブルーの床、絵とオブジェ、不思議な造形物があちこちに、、、

足を踏み入れたとたん、わくわくがとまらない素敵な空間。

今年、2018年の6月にオープンしたばかりのスペースです。

パペットハウスの店主も素敵時間、、、、

 

場所は、144-0056 東京都大田区西六郷2-24-10

京急雑色駅(ぞうしき)から徒歩7分。(品川から京急線・特別快速で蒲田乗り換えひとつ先)

ご自宅兼ギャラリーなので、住宅街の中にあります。

そこの緑のところが、、、

目印は白山神社の石塔、ここを入っていくとすぐ、右手に別世界への入り口があります。

表札です

秘密の場所の入り口

このかたがお迎えしてくれます

現在は「みやもとただお•宮本寿恵子展」の常設展となっています。

12:00~18:00  不定休 ですので、 行かれる方は事前にメールまたはお電話でお問い合わせください。詳細はこちら↓

SUEKO MIYAMOTO WEB SITE ~バラ色の未来をください~

扉を開けると

シャンデリア?実は〇〇でできているとか、、、

 

そして、ギャラリーの奥には秘密の小部屋が!!

人形芝居小屋262

小さくて不思議な雰囲気の、人形劇のための空間。

みやもとただおさんが、せっせと人形を制作されていました。

人形劇の公演のご案内をいただいたら、またここでご紹介いたします!!