「ぴぴ☆しあたー」クリスマス上演とワークショップのご案内!

YUKI☆さんの、「客席ひとつの人形劇場/ぴぴ☆しあたー」。

たったひとり、あなたのために1回3分の人形劇。

木の洞から、そっと中を覗くとそこには素敵な空間が広がります。

そっと覗くと、、、

鎌倉の、絵本カフェ/SONGBOOKCaf’eさんで、

12月23日(土)24(日)の11:00頃~16:30頃

(※ お店の営業時間は11時~17時です。)

ぴぴ☆しあたーのクリスマスプログラム『クリスマス☆』がご覧いただけます。

ひと覗き350円!!。

絵本カフェ/SONGBOOKCaf’e  

 

そして、マリオネットづくりのワークショップ!!

「トコトコ☆サンタさんを作ろう!」

※木片と布と糸で糸操り人形を作ります。参加費 850円(材料費込)

所要時間約20分~。

予約不要ですが、材料がなくなり次第終了です。(最終受付16:30・閉店17:00)

人形持ち帰り用のちいさな袋(B5~A4位)をご持参下さい、とのことです。

 

クリスマスは、鎌倉で?!

詳細は以下、YUKI☆さんのブログで!

ブログ『ぱぺっと☆DAYS』

 

「gallery ダリダダ」のご紹介。

造形作家・宮本寿恵子さんのところに、お邪魔してきました。

宮本さんには、2002年と2004年に、パペットハウスギャラリーで、個展を開いていただきました。

2002年 フランケンシュタインの憂鬱

2004年 僕にピアノソナタを聞かせて

私の、大好きな作家さんです。

 

宮本さんのご主人は、みやもとただおさん、絵本作家です。

先日、当ブログでご紹介した「マリオネット・コンサート&パペット・パフォーマンスのご案内」

ここで上演される人形劇「ねこのてかします」の原作は、みやもとただおさんです。(演出・美術は別の方です)

原作は、みやもとただおさん。

 

絵本作家×造形作家の宮本ご夫妻が、手作りで作り上げたのが、

「gallery ダリダダ」

白い壁にブルーの床、絵とオブジェ、不思議な造形物があちこちに、、、

足を踏み入れたとたん、わくわくがとまらない素敵な空間。

今年、2018年の6月にオープンしたばかりのスペースです。

パペットハウスの店主も素敵時間、、、、

 

場所は、144-0056 東京都大田区西六郷2-24-10

京急雑色駅(ぞうしき)から徒歩7分。(品川から京急線・特別快速で蒲田乗り換えひとつ先)

ご自宅兼ギャラリーなので、住宅街の中にあります。

そこの緑のところが、、、

目印は白山神社の石塔、ここを入っていくとすぐ、右手に別世界への入り口があります。

表札です

秘密の場所の入り口

このかたがお迎えしてくれます

現在は「みやもとただお•宮本寿恵子展」の常設展となっています。

12:00~18:00  不定休 ですので、 行かれる方は事前にメールまたはお電話でお問い合わせください。詳細はこちら↓

SUEKO MIYAMOTO WEB SITE ~バラ色の未来をください~

扉を開けると

シャンデリア?実は〇〇でできているとか、、、

 

そして、ギャラリーの奥には秘密の小部屋が!!

人形芝居小屋262

小さくて不思議な雰囲気の、人形劇のための空間。

みやもとただおさんが、せっせと人形を制作されていました。

人形劇の公演のご案内をいただいたら、またここでご紹介いたします!!

 

11月8日午後10時45分から!!NHK総合「世界はほしいモノにあふれてる」に店主出演!(ちょっとだけ、、、)

NHK 総合 毎週木曜 午後10時45分 | 再放送 毎週月曜 午後11時55分

世界はほしいモノにあふれてる

番組ホームページより

中世の面影残る世界遺産チェコ・プラハ。旅好き女性憧れの街で、レトロでかわいい!ビンテージ絵本を探す旅!チェコから世界に広がったステキな飛び出す絵本から、絵本の世界を楽しめるビアホールまで。チェコ雑貨店の絵本バイヤーが、街のカワイイを発掘。独自の絵本文化が発達した理由とは?さらに、ルーツを訪ねてチェコ伝統の人形劇の世界へ。美しい街に隠された歴史とは?心トキメク1冊を求めおとぎの国チェコを旅する。

今週11月8日(木)10時45分は、「レトロかわいい!ビンテージ絵本を探す旅~チェコ」です。

チェコの絵本のベースには、マリオネットを中心とした人形劇の文化が深く関わっています。

シュペイブルとフルビーネクの劇場の紹介や、人形作家バーラ・フベナさんの作品が番組の中で取り上げられています。

その中で、パペットハウスの店主が、スタジオにお邪魔してマリオネットを動かして来ました。

メインは、チェコの絵本ですが、マリオネットの動きもチェックしてください!

ちなみに、パペットハウスから出演したマリオネットは、チェコのヤロスラフ・ドレジャル氏骸骨」。

ドレジャル氏作「骸骨」

 

さて、どんな感じで動いているのか!楽しみです!!

 

 

 

Orangeparfaitさん、恵比寿ガーデンプレイスで作品展!

昨年に引き続き、Orangeparfaitさんが恵比寿ガーデンプレイスで作品展を開きます。

場所は、恵比寿ガーデンプレイス時計広場。

明日11月3日(土)から12月25日(火)まで。

時間は、午前11時から夜8時まで。会期中無休です。

クリスマスのイルミネーションなども楽しめます!!

FaceBookで公開している画像からは、去年とは、ちょっと違った雰囲気が感じられます。

恵比寿ガーデンプレイスウィンターイルミネーション

Christmas Marche ◆内 容: ドイツを始めヨーロッパ各地で開催されるクリスマスマーケットをイメージしたヒュッテ(山小屋)が立ち並ぶ期間限定のChrisutmas Marcheが登場。
クリスマス雑貨の販売や、マリオネット作家 オレンジパフェによるマリオネットの個展などを開催します。

 

 

ペトル・マターセク 書籍販売のご案内

9月21日(金)から一週間の会期で開催された

「Petr Matásek 追悼展 ―人形劇の革命児が遺したものと受け継ぐ者―」

たくさんの方にご来場いただきく、好評のうちに終了いたしました。

会場で販売されていた書籍、

「PETR MATASEK PROSTOR HMOTA DIVADLO」

今回の展覧会のために、チェコから林由未さんが持って来日されました。

人形劇の舞台、人形、かしら、舞台美術、イラスト、ポスターなどペトルの仕事の画像がたっぷり、187ページ。

チェコ語(一部英語)ですが、画像を見るだけでも刺激的です。

チェコでも、もう手に入らない書籍だそうです。

あと6冊ほど、ございます。

10月20日(土)までは、パペットハウスで販売可能です。

一冊、5千円(税込み・送料別)

ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに、劇団ドラックの記念誌は、黒本一冊のみ残っています。

 

みそろぎ人形展 MISOROGI

MISOROGI

秋の訪れとともに、ご案内する季節となりました。

みそろぎ人形展 -創作と民俗の出会い-

10月10日(水)~10月16日(火)

9時~21時(最終日16時閉場)

丸善丸の内本店4Fギャラリー

入場無料です。

 

ご案内状を送ってくださったのは、杉田明十志さん。

人形作家ととして活動されていますが、パペットハウスの企画展への作品や、美しくて愛らしいマリオネットを制作してくださっています。

杉田明十志 Other Puppets 

杉田明十志 マリオネット作品 

今年は、どんな作品をつくられたのか、楽しみです。

 

今回、気になっているのは、、、

SMALL PROJECT

「各作家の世界への入り口となる、小さな人形や小さな何か・・の制作を出品作家の皆様にお願いしました。ほとんどが手のひらサイズ。
どれも作家の一点物の手作りで、同じものはありません。」

そして、「気楽にお求め頂ける価格」で、お持ち帰りもできちゃうようです。

なので、たくさんご覧になりたい方は早めのご来場を!

会場では、石田百合さんのパフォーマンスや、ワークショップもあります。

☆パフォーマンス

石田百合 + 蜘津 Chizu Solo Theater
「満ち欠け」 
10月10日(水)午後7時
10月14日(日)午後2時 
観覧無料

約25分の上演時間です。

☆ワークショップ

ままごと森 よるのうさこ
「水晶を持ったマモノちゃん」

10月15日(月)13時

10月16日(火)10時

受講料¥5,400(材料・税込み)所要時間 約2~3時間

 

 

 

 

 

 

 

夏休みのお知らせ 2018

夏休みのお知らせ

パペットハウスのホームページですでに告知していますが、8月2日(木)から6日(月)まで、夏休みをいただきます。

パペットハウスホームページ 

今年も、飯田人形劇フェスタに行ってきます。

2016年の画像です。

今年のいいだ人形劇フェスタは、「世界人形劇フェスティバル」が同時開催なので、期間も10日間と長く世界6大州から様々な劇団がやってきます。

10日間ずっといられるわけじゃないので、いつ行くか、何を見るか、悩ましいところです。

が、

前半のITOプロジェクト・高丘親王航海記を観に行ってきます。

東京公演とはまた違った舞台が観られずはず。楽しみです。

それと、川本喜八郎美術館「劇場の中の人形」展

昨年なくなったチェコのペトル・マターセク氏と、その教え子・佐久間奏多氏、林由未さんとの三人展です。

林由未さんのブログに詳細が。

★林由未ブログ

飯田での展示のあと、内容を変えてパペットハウスへとやってきます。

劇場の中の人形展

9月21日(金)から27日(木)予定

ペトル・マターセク作 出展予定作品

暑い飯田、今年の暑さは格別?

それもまた、楽しんできます。

2018年パペットハウスポストカード

2018年もあっという間に一ヶ月が過ぎ。。。。

ようやく今年のパペットハウスポストカードのお披露目です。

2018年版は、明るいオレンジ色にしてみました。

2018年版

2017年版は、半年という短い間の登板でした。

2017年版

お店で今朝からお渡ししていますので、ぜひ手にとってご覧ください!

「師弟TUNE」のMVに、あのマリオネットが出演。

「師弟TUNE」(してぃちゅーん)という音楽グループをご存じですか?

私大准教授と現役学生によるリアル師弟ユニット。

2017年2月、「迷える学生達にエールを! 迷えるオヤジ達にエールを!」

そんなスローガンを抱え結成、されたのだそうです。

師弟TUNE http://shitei-tune.com/

2月21日に1stアルバム「卒業」がリリースされます。

「卒業」ジャケット

昨日(2/2)、iTunes Storeで先行配信がスタートしたことにあわせて、リード曲「Hideaway」のミュージックビデオがYouTubeにて公開されました。

「Hideaway」とは「隠れ家」という意味だそうです。

操り人形が愛に目覚め、理想の隠れ家目指し疾走!!

HaraTieさん制作の「マリオネタス2008」「Weise Fraulein ヴァイセ フロイライン」が出演しています。チェコの木玉のピエロくんも。

人形の操演は、NHK Eテレ、民放、各CM、Dragon Ash「運命共同体」MVなどで活躍の人形遣い「がこさく」さんです。

がこさくさんとは、、、もう長いお付き合い。。。

話しだしたら、止まらないので、がこさくさんのホームページはこちら。

「人形遣い がこさく」

このMV、がこさくさんのご自宅で合宿状態で撮影されたのだとか。。。。

こちらから、お楽しみください。

師弟TUNE 『Hideaway』

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年、1月4日(木)

青空が広がる穏やかな飯田橋。

パペットハウスは、本日から通常営業いたします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

戌いぬ年、ということで「犬 いぬ」という文字を、犬の作品画像で作ってみました。

さて!

ここで間違い探し!!

「犬いぬ」ではない作品が、あります。

さて、いくつあるでしょうか?

そして、それはどれ?

当たっても、賞品景品のたぐいはございませんが。。。

今年も、Puppet House Keeper’s Blog にお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします