M Fukazawa の紹介

日本ではじめての劇人形専門店、パペットハウスを、店主と二人で営んでいます。ハウスキーパーとして、新作の紹介や作家さん情報など、ここから発信していきたいと思います。 1959年生まれ、いて座、A型。

出展作品の画像、アップしました。

7月6日(土)から開催中の「佐久間奏多プチ展覧会 Ⅲ 猫」

たくさんの方においでいただいています。

展覧会の様子など、ブログでご紹介してきましたが、ホームページでも作品がご覧いただけます!

佐久間奏多プチ展覧会 Ⅲ 出展作品

猫猫猫猫、猫三昧の「佐久間奏多プチ展覧会 Ⅲ」。

7月27日(土)まで開催です。

ぜひ足をお運びください!たくさんの個性的な猫たちがお待ちしています。

※日曜・月曜は定休日です。

 

開幕です!!

佐久間奏多プチ展覧会 Ⅲ 

Kočky a kocouři

コチュキ ア コツォウジ

本日、初日を迎えました。

開店前に、お並びくださった方、遠方からおいでくださった方、たくさんの方においでいただいています。

ありがとうございます。

 

7月27日(土)まで3週間開催です。

皆様のご来場をお待ちしています!

 

 

 

 

人形劇・トロッコ、公演のご案内

滋賀に拠点を置き、関西を中心に活動している「人形劇・トロッコ」の人形劇のご案内です。

人形劇・トロッコ「ゆうびんうさぎとおおかみがぶり」

併演:トランクシアター ワンペイの腹話術

パペットハウスでご紹介しているクチパク人形でおなじみの、井上文子さんが美術を担当。横浜人形の家で一日限りの公演です。

「100万人を超える子どもたちが魅了されてきた!人形劇・トロッコがおくる、ほのぼのファンタジーの世界!」

井上さんの個性的な人形たちが、舞台でどんな活躍を見せてくれるのでしょう!!

2歳時から年齢を問わずご覧いただけます。

7月15日(月・祝)11:00 /14:00

(開場30分前)上演時間約60分

料金大人(高校生以上)1,800円 / 子ども(3歳~中学生)1,000円
※入館料(大人400円/子ども200円)が含まれています。
※全席自由

会場:横浜人形の家 4F あかいくつ劇場

 

プチっと準備が進んでいます。

さまざまな「猫」のキャラクターが、揃いました。

明後日7月6日(土)から開催される「佐久間奏多プチ展覧会 Ⅲ」

Kočky a kocouři コチュキ ア コツォウジ「猫」

パペットハウス2階のセンタースペースでの開催ですが、見ごたえのある展覧会になりそうです。

準備も着々と進んでいます。

準備オッケー!

作品勢揃い、スタンバイしています。

明日の営業終了後に、展示替えをしますが、どんなふうに展示しようかワクワクしています。どうぞお楽しみに!!

皆様のご来場をお待ちしています。

印刷はしないのですが、、、、

佐久間奏多プチ展覧会 Ⅲ 

Kočky a kocouři コチュキ ア コツォウジ 「猫」

佐久間氏が参加した1階のパペットハウスギャラリーでの企画展では、素敵なDMが展覧会への期待を膨らませてくれました。

今回は、パペットハウス2階センタースペースでの「プチ」な展覧会。。。

ですので、DMはナシ。

でも、なんだか寂しい。。。

というわけで、印刷はしませんが、版下を作ってみました。

ホームページとあまり代わり映えはしませんが、、、なんだか展覧会らしい気分が出てきました!!

仕上がりはこんな感じになりました。

一部だけ、プリントアウトしてみようかな。。。

展覧会まであと3週間。待ち遠しい!

プラハから、猫たちが出発しました!

もうあと3週間と少しに迫った、佐久間奏多プチ展覧会Ⅲ「猫 ―手のひらの上の猫たち―」

本日、出展作品がプラハのアトリエを出発したとの連絡がありました。

猫探偵をはじめとする個性的な11匹の猫たち。

 

到着が楽しみでなりません!

猫たちの旅の無事を祈っています。

ちなみに、作者・佐久間氏は、猫好きですが、猫アレルギーなのだそうです。

猫のマリオネットは、アレルギーの心配はありません、猫好きで猫アレルギーの方も、ぜひプチ展覧会へ!!

 

 

 

ユジク阿佐ヶ谷 「ホフマニアダ ホフマンの物語」

パペットハウスにご案内をいただいているパペット・アニメーションのご紹介です。

今年の4月、東京都写真美術館で上映されて、話題になっていた長編人形アニメーション。制作期間15年、、、くらくらします。

今週の土曜日、6月8日から一週間、ユジク阿佐ヶ谷での上映です。

ユジク阿佐ヶ谷は、JR阿佐ヶ谷駅前にある座席数48席のミニシアター。

詳細は、ユジク阿佐ヶ谷のホームページで!

Hoffmaniada ホフマニアダ ホフマンの物語

6月8日(土)~6月14日(金) 14:20~

 

ホフマニアダ ホフマンの物語 公式ホームページ

 

 

 

HaraTieさんの新作猫とプチシリーズ、今回は! 

HaraTieさんの新作到着です。

まずは、黒い上着がクールな猫。

瞳はグリーンです。

しっぽがちょっと太め。

柔らかな動きが特徴です。

 

そして、お待ちかねプチ・シリーズ。

今回届いたのは、クマとキツネ。

手乗りサイズで、どちらも23cm。

一点物ですので、プチ・ベア1905は、お衣装や靴の色など初代とはいろいろ違いがあります。

キツネくんは、お初のキャラ。

ホームページでも、ご紹介しています。

パペットハウス お薦めマリオネット作家 HaraTie ハラチエ

かわせみ座「まほろばのこだま」のご案内

パペットハウスにも作品を作ってくださっている、山本由也さんが主催する人形劇団「かわせみ座」の公演のご案内です。
昨年亡くなられた高畑勲氏が構成・演出を担当された「まほろばのこだま」
2000年に初演され、それから繰り返し公演されている、かわせみ座の財産とも言える演目です。

今回は、高畑勲氏の追悼公演。
高畑氏がこだわったという「気配」「観客に伝わる表現」、かわせみ座の人形だからこそ表現できる世界をぜひご覧いただきたいと思います。

座・高円寺で7月18日(木)・19日(金)の2ステージ。
明日5月24日から、前売りが開始されます。
前売りは、一般4,500円、ユース割引2,000円

※18日(木)の終演後に、山本由也・益村泉によるアフタートークあり。

お問い合わせ/お申込みは、かわせみ座まで。
HP: http://www.kawasemiza.com/

林由未さん作品「狼少年」

チェコで活動する舞台美術家の林由未さんの新作です。

青いオオカミ。顔立ちから、まだ幼い感じが見て取れます。

タイトルは、Vlčík(ブルチーク)。

林さんからのメッセージでは、「Vlčíkという単語はチェコ語にないのですが、おそらくチェコ人も、狼の少年と想像するような単語です」とのこと。

鉄心タイプのマリオネット。

40cmほどの大きさです。

到着早々にご売約となりましたが、今月いっぱいはパペットハウスで展示の予定ですので作品をご覧いただけます。

パペットハウスのホームページでもご紹介しています。

林由未 Vlčík(ブルチーク) 狼少年

※ 狛江のギャラリー広洋舎での展覧会「箱舟」も26日まで開催中です。