直前ですが。 糸あやつり公演情報 

直前ですが。

田中純さんの公演情報が、入りましたので、お知らせいたします。

田中純 Wikipedia 結城孫三郎より

来年1月公演の、江戸糸あやつり人形 結城座「ドールズタウン」に特別出演が決定している田中純さんが、この土・日に早稲田のカフェ「ARARAKARARA アララカララ」で糸あやつり人形を遣う、という情報が入りました。

アララカララ

アララカララ

間近で、和式の糸あやつりを観ることのできる機会かと思います。

お電話で、予約受付中です。

まだ、お席に余裕があるとのことでした。当日でも、お電話をいただければ、と。

場所:東京都新宿区西早稲田1-9-6  ARARAKARARA アララカララ

学生街にあってカレーを食べながら芸術や文学を語り合える喫茶店、です。

食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13095360/

 

日時

11月26日(土)16時開演(開場30分前)

11月27日(日)15時開演(開場30分前)

上演時間、約2時間。

¥3,000

 

冬の糸あやつり公演 2016-2017

この冬(2016-2017)の、「マリオネット・糸あやつり」舞台のご案内です。

まずは、この季節恒例となった

「YOSHIYA YAMAMOTO  PUPPET EXHIBITION」

山本由也劇人形作品展2016

山本由也劇人形作品展2016

人形作品展とコラボライブ!!おなじみ東中野「ポレポレ坐」にて。

今年のコラボライブは、16公演。

16ステージ!!

16ステージ!!

山本由也の人形たちと30人のアーティストによる一夜限りのコラボライブ

それが「セッション」

どれをみようか、お悩みの方には、お得な通しチケット¥13,000。

11月22日~12月11日    19時開演

詳細は、ホームページ、Facebookで!

☆ ポレポレ坐  

☆ 山本由也Facebook  

☆ かわせみ座 ホームページ 

どのライブ、どの人形…

どのライブ、どの人形…

 

 

そして、古典の人形劇団の「古典じゃない公演」、一糸座と結城座、2つの劇団の公演が12月・1月と続きます。

 

糸あやつり人形一糸座

一糸座公演

一糸座公演

12月14日(水)~18日(日)

長靴をはいた牡猫

北沢タウンホール 小劇場B1 (下北沢)

長靴をはいた牡猫

長靴をはいた牡猫

 

詳細、その他劇団情報などは、ホームページ・Facebook・ツイッターで!

☆ 一糸座ホームページ

☆ 一糸座 Facebook 

☆ 一糸座 ツイッター 

 

 

江戸糸あやつり人形結城座

ドールズタウン

ドールズタウン

2017年1月15日(日)~22日(日)

ドールズタウン

ザ・スズナリ (下北沢)

ドールズタウン初演舞台

ドールズタウン初演舞台

詳細、その他劇団情報などは、ホームページ・ツイッターで!

☆ 結城座 ホームページ

☆ 結城座 ツイッター

この冬、2つの古典糸あやつり人形劇団の公演が、下北沢でご覧いただけます!

 

ご存じの方も多いかと思いますが…

結城座・十二代結城孫三郎氏、田中純氏(ドールズタウン特別出演・元 十一代結城孫三郎)、一糸座・結城一糸氏は、故十代結城孫三郎氏を父とする実の三兄弟。(頭ごちゃごちゃになっちゃった方は、図参照!)

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e7%b3%b8%e3%81%82%e3%82%84%e3%81%a4%e3%82%8a%e4%ba%ba%e5%bd%a2%e3%81%ae%e7%b3%bb%e8%ad%9c

幼い頃から舞台に立ち、芸を磨き腕を競い…

糸あやつりは、使い手の糸さばきの見事さも見どころのひとつ、それぞれの使い手の「仁(ニン)」の違いも楽しめる、ように思います。

また、十二代結城孫三郎氏のご子息・結城数馬氏、結城一糸氏のご子息・結城敬太氏の若手ふたりにも注目!

お店にございます。

お店にございます。

人形劇 秋冬情報(関東)

あちらこちらから、人形劇・人形展等のご案内が届いています。

この秋冬の情報、一気にご紹介!(関東方面のみですが…)

関西のマリオネット人形劇団、奈良の「人形劇団ココン」と京都の「糸あやつり人形劇団みのむし」、数少ない関東での公演、お見逃しなく。

もちろん、かわせみ座の山本由也さんのコラボライブの季節でもあります。

さまざまな人形劇公演・パフォーマンス・コラボライブ、チェックしてみてください!

 

みそろぎ人形展  ―創作と民俗の出会い―

9/14(水)~20(火) 9時~21時

丸善・丸の内本店4F ギャラリー

パフォーマンス 石田百合「ゆりかご」

9/14(水)14時~19時 ・ 9/19(月・祝)13時~16時(公演時間約15分)

石田百合パフォーマンス「ゆりかご」

石田百合パフォーマンス「ゆりかご」

詳細:http://misorogi.nonc.jp/

 

「1年1組」(いちねんいちくみ)パペットシアター 

2016年9月~2017年3月

芸能花伝舎にて

芸能花伝舎にて

9/11(日)ぱぴぷぺぽ劇場『のそのそにょろにょろ』 ★終了…ご紹介できずごめんなさい!

10/9(日)人形劇団ココン『繭の夢』14:00

人形劇ココン「繭の夢」

人形劇ココン「繭の夢」

11/6(日)人形劇団ひとみ座『ぼくのふうせん』 14:00

12/10(土)人形劇団ひぽぽたあむ『ふたりのお話』 14:00

2017年1/15(日)人形劇団わにこ『たまごちゃん』他 14:00

2/19(日)人形劇団ポポロ『てぶくろ』 14:00

3/26(日)人形劇団貝の火『さるカニ合戦』 14:00

会場:芸能花伝舎

主催:一般社団法人全国専門人形劇団協議会

詳細:http://zenninkyo.jp/news.html

 

2016年9月のパペバラ  9/17(土)18:30~20:30

ワークショップとレクチャー

ヒダオサムの世界第二弾 『ヒダオサムの造形のココロ』

ヒダオサムの世界 2

ヒダオサムの世界 2

会場:プーク人形劇場5F  定員20名 参加費¥1,500(材料費込)

問い合わせ:puppet_variety@yahoo.co.jp 

2016年10月のパペバラ 10/16(日)11:00~15:00

第28回TAM人形げきまつりとのコラボ企画

『人形劇の遊び場・パペバラ』  多摩市立関戸公民館

 

プーク人形劇場 誕生45周年記念年間  海外特別講演No.25

クレドシアター

9/25(日)14:00/17:30

『外套』

詳細:http://www.puk.jp/theatre/2016CREDO/overcoat.html

 

9/17(火)15:30/19:00

『おとうさんのすることはいつもよし』

詳細:http://www.puk.jp/theatre/2016CREDO/daddy.html

会場:プーク人形劇場

 

プーク人形劇場 誕生45周年記念年間 

人形劇団プーク

10/7(金)~16(日)

『金壺親父恋達引 かなつぼおやじこいのたてひき」

金壺親父恋達引

金壺親父恋達引

『死神』古典落語より

会場:プーク人形劇場

詳細:http://www.puk.jp/kouen.htm

 

子どものためのパペットシアター

10/9(日)10日(月・祝) / 11月19日(土) / 12月17日(土)

2017年1月21日(土) / 2月18日(土)

『ピノッキオとゼペットじいさん』

特定非営利活動法人 種のアトリエ

※創作ワークショップ同時開催

会場:インストールの途中だビル 401

詳細: http://atorie-tane.jimdo.com/

 

糸あやつり人形劇団 みのむし

2016年10月15日(土)11:00 / 14:00

『太郎くんとまっすぐおばあさん』 『ピノキオ君のごあいさつ』

太郎くんと…

太郎くんと…

会場:横浜人形の家4F あかいくつ劇場

詳細:http://www.doll-museum.jp/

 

 

第28回TAMA人形げきまつり

10月16日(日)11:00~

TAMA人形げきまつり

TAMA人形げきまつり

多摩市関戸公民館

情報:http://www.city.tama.lg.jp/bunka/45/873/5141/009498.html
子どものためのパペットシアター

10/22(土)11/16(水)12/10(土)

2017年1/14(土) 2/19(日)

『ダユーとゲノル』

会場:SOOO dramatic!(ソー ドラマチック)

詳細:http://atorie-tane.jimdo.com/

 

デフパペットシアター・ひとみ

10/23(日)11:00/14:00

『一寸法師とお楽しみ交流会』

一寸法師

一寸法師

会場:横浜人形の家4F あかいくつ劇場

情報:http://deaf.puppet.or.jp/index.html

 

デフパペットシアター・ひとみ

10/30(日)14:00

『はこ BOXES じいちゃんのオルゴール』

はこ BOXES

はこ BOXES

みどりアートパークホール

※10/29(土)ワークショップあり

情報:http://deaf.puppet.or.jp/index.html

 

ミート・ザ・世界のパペットシアター!

11/13(日)13:00

タイから帰ってきた「箪笥」

主催:特定非営利活動法人 種のアトリエ

会場:芸能花伝舎C1

情報:http://atorie-tane.jimdo.com/

 

 

山本由也「劇人形作品展2016」

コラボライブ

11/22(火)~12/11(日)

会場:space cafe ポレポレ坐

情報:http://za.polepoletimes.jp/news/

 

 

プーク人形劇場 誕生45周年記念年間

11/3(木)~27(日)

『ゆうびんやさんのお話』 『ひとまねアヒル』

会場:プーク人形劇場

詳細:http://www.puk.jp/theatre/theater.html

 

プーク人形劇場 誕生45周年記念年間

12/16(金)~12/27(火)

『12月のたき火』

会場:プーク人形劇場

詳細:http://www.puk.jp/kouen.htm

 

パぺレッタカンパニー

人形劇 変身―ザムザ家のクライシス

人形劇 変身

人形劇 変身

12/11(日) 13:00 17:00

場所:パペミニシアターねりま

問い合わせ:http://hanagesisha.jimdo.com/

 

 

※赤文字は、マリオネット公演です。

今後も、情報が入りましたら、アップしていこうと思っています。

お気に入りの舞台に出会えますように!!

 

5月15日(日) 薩摩琵琶と影絵 「絵のない絵本」

琵琶弾きの久保田晶子さんと、人形遣いYUKI☆さんによる、

琵琶と人形による語り舞台「絵のない絵本(影絵バージョン)」 です。

aeed2992

このお二人のユニット名は「kikiふぉれすと」。

久保田さんの琵琶の音と声、それに、影絵。

鎌倉の古民家にぴったり。

すでに13時30分の回は満席だそうです。

16時の回も、小さな会場ですのでぜひご予約を。

01776de1

「持田商店の、酒粕で作る本格甘酒付き」とのこと。(この甘酒、たいへんに評判の良いものだそうです。)

甘酒の宣伝じゃなくて。。。。

薩摩琵琶×アンデルセン×影絵、大人の時間をお楽しみください!!

会場/ 鎌倉の古民家 カジュ・アートスペース

料金/ 予約:2,700円 当日:3,000円 

詳細は下記ブログからどうぞ。

鎌倉在住の人形遣いYUKI☆によるぱぺっとな日々♪ ぱぺっとDAYS 

 

「ゴーレム」チラシ情報!

以前にお知らせしました、日本チェコ国際交流共同公演、一糸座による人形劇「ゴーレム」のチラシ情報をいただきました。

ゴーレム

ゴーレム

大時計の針が逆さに廻りはじめ

巨大な土くれが眼を醒ます

未来への帰還―ゴーレム

どんな舞台になるのか、期待が膨らむチラシになっています。

 

当ブログでもお知らせしていますが、一糸座さんは、この公演に必要な経費をクラウドファンディングで募っています。

支援目標達成まで、もう少し。。。。。締め切りまで、あと約一週間です。

支援の種類はいくつかありますが、「糸あやつりゴーレム人形」がリターンになっているコースもあります。

一糸座さんのホームページから、いただいてきた画像です。

ゴーレム人形 アップ

ゴーレム人形 アップ

ゴーレム人形 全身

ゴーレム人形 全身

ユダヤ教の伝承に基づく、自分で動く泥人形。

この人形は、頭に鉄心の入った、チェコスタイルのマリオネットになっています。

マリオネット以外にも、金額に応じて、ゴーレム人形(小)ストラップ用・公演台本・公演DVDなどが、リターンのコースもあります。

ご興味のある方、ページを覗いてみてください。

クラウドファンディング「神奈川芸術劇場で、チェコとの共同公演「ゴーレム」を上演したい」

 

日・チェコ国際共同公演 「ゴーレム」

日本・チェコ国際交流共同公演 糸あやつり人形一糸座による「ゴーレム」の公演が決定しました。

号外!!

号外!!

脚本・総合演出は、少年王者舘を主催する天野天街氏、一糸座とは「泣いた赤鬼」に続いてタッグを組みます。
チェコの「ゴーレム伝説」をもとにチェコ側の演出・原案をゾヤ・ミコトヴァーさんが担当します。

人形美術は、パペットハウスでもおなじみ、チェコで人形美術家・舞台美術家として活躍している林由未さんです。

人形美術 林由未

人形美術 林由未

チェコ側の「ゴーレム」の取り組みについては、先日放送になったNHKのドキュメンタリー、世界で花咲け!なでしこたち 「チェコの心 人形劇に挑む」のなかでも触れられていました。
公演日程は、2016年6月5日~12日 神奈川芸術劇場(KAAT) 大ホールにて。

チケット発売開始予定は4月上旬を予定しています。

チェコのおみやげに頂いたゴーレム人形

チェコのおみやげに頂いたゴーレム人形

さてこの公演、大きなプロジェクトですが…

一昨日の一糸座のブログにはなんと、こんな決意を語る言葉が。

日本・チェコの糸あやつり人形による、初めての共同公演。
多くの皆様に楽しみにして頂いていますが、文化庁の申請には採択されませんでした。
大きなプロジェクトとなりますので、一劇団だけの力ではとても難しいと考え、文化庁に助成の申請をしていましたが、とても残念な結果でした!

ですが、一糸座は死ぬ気で頑張る決意をしました!
クラウドファンティングにも挑戦し、できるだけ多くのお客様に足を運んで頂けるよう、
できる限りの事をしていきたいと思っています。

公的な助成を受けることが出来なかったため、クラウドファンディングで公演に不足する資金を調達するとのことです。
「神奈川芸術劇場で、チェコとの共同公演「ゴーレム」を上演したい」と題して、クラウドファンディングが開始されました。 

※クラウドファンディングとは

支援へのリターンは、サンクスメール 、ゴーレム人形(小)ストラップ用 、公演DVD、公演台本、糸あやつりゴーレム人形、とあります。
糸あやつりゴーレム人形!!
さて、どんな人形が! 一糸座のブログFacebookで途中経過が見られそうです。

制作中のゴーレム人形

制作中のゴーレム人形

クラウドファンディングの成立が、この公演の成功を支えると言っても過言では無いでしょう。

多くの方が、興味を持ってくださることを願います。

日本とチェコの糸あやつり人形が、初めて共同制作する異色公演。

人形により生命を問う、壮大な物語。 乞うご期待!

 

赤姫と悪魔

赤姫と悪魔

さて、ここからはパペットハウスのこと。

チェコ、マリオネットつながりでご縁が生まれ、パペットハウスに一糸座制作の本格和式糸あやつり人形を展示しています。もちろん、販売いたします。
パペットハウスで初めて取り扱うお姫様の和式糸あやつり人形、桐の木彫り・胡粉仕上げ、舞台で使用するものと同じ仕様です。

赤姫

赤姫

「赤姫 あかひめ」と題されたその作品、あでやかな姿で、ひときわお店の中で存在感を放っています。
「赤姫」については、『歌舞伎に登場するお姫様役を、その衣裳の色から「赤姫」と呼びます。鮮やかな赤の地色に花柄などをあしらった衣裳は、美しく華やかなお姫様の姿を象徴し、さらに激しい恋に燃える一途な情熱も表現しています。』という説明があり、赤姫の中で代表的なものは、『本朝廿四孝』の八重垣姫、『金閣寺』の雪姫、『鎌倉三代記』の時姫があり、「三姫」と呼ばれています。

パペットハウス店内の「赤姫」

パペットハウス店内の「赤姫」

気品に溢れるたたずまい。

どこか少し寂しげにもみえる表情を浮かべた姫、どんな運命に立ち向かうのか…

是非一度、本物を見にいらしてください。

 

一糸座blog 

一糸座Facebook

天野天街 少年王者舘公式HP

林由未blog 

NHK世界で花咲け!なでしこたち 「チェコの心 人形劇に挑む」

ゴーレム Wikipediaより

 

 

3月の人形劇 追加情報!

2016年3月、月末近くの人形劇、追加情報です!

 

まずは。

人形劇団ひとみ座 「リア王」

リア王

リア王

言わずと知れた「片岡昌」さんの等身大の人形によるシェイクスピア劇です。
2016年3月24日(木)~27日(日)
県民共済みらいホール  (横浜・桜木町)
前売 5,000円 / 当日 5,500円 / ペア券 9,000円
※全席指定 未就学児入場不可 
お申し込みは、人形劇団ひとみ座  puppet@hitomiza.jp

 

特定非営利活動法人 種のアトリエ&Utervision Company Japan
フィジカル&パペットシアター
“ 箪笥 ~ She is Gone ~ “

箪笥~She is Gone~

箪笥~She is Gone~

10体のパペットと10人の人間が紡ぐ不思議な世界
日本では稀有なパペットをツールにしたノンジャンルの作品・・・

2016年3月25日(金)~ 27日(日)

SOOO dramatic!  東京都台東区下谷1-11-15 1階

予約席 3,000円 / 自由席 2,500円 / 中高生 1,000円 /小学生以下 500円

問い合わせ atorie.tane@gmail.com  

Facebook イベントページ

Utervision company Japan

 

3月は、人形劇の月

毎年3月は、人形劇の月という印象がある私です。

2016年3月の人形劇のご紹介です。

詳細は、各ホームページ等でご確認ください。

 

3月11日(金)―13日(日)

阿佐ヶ谷アートスペースプロット

DEBRIS   喪失と希望の、ほんとうの話。

人形劇団望ノ社 ニンギョウゲキダンモチノシャ

カナダ・日本の人形遣いによる創作影絵劇です。人形劇新人賞「P新人賞2015」受賞作品。

人形劇団望ノ社

人形劇団望ノ社

 

 

3月12日(土) 13:00 16:30

ルネこだいら中ホール

「本気塾」人材育成講座 卒業古典公演  鈴ヶ森 釣女 他

糸あやつり人形一糸座 

本気塾 卒業古典公演

本気塾 卒業古典公演

 

3月16(水)―21(月・祝)

東京芸術劇場シアターイースト

日越国際協働制作 野鴨中毒

江戸糸あやつり人形結城座

イプセンの衝撃作 レ・カインと人形たちが心の闇を突く

野鴨中毒

野鴨中毒

 

3月21日(月・祝) 15:00 19:00

座・高円寺 2 

サイレントポエムス~モザイク

かわせみ座

かわせみ座

かわせみ座

第26回下北沢演劇祭 糸あやつり・古典人形芝居「釣女・田能久」

第26回下北沢演劇祭週明けの2月1日(月)から開催です。

なんと、2月いっぱい下北沢の本多劇場グループで演劇三昧! 12631345_742081612590866_7685196885915865629_n

今回のご案内は、そのなかの糸あやつり人形「一糸座」による古典人形芝居。

「釣女」と「田能久」。

「釣女 つりおんな」、釣りを愛好する美女ではなく、釣り竿に「美女」が…という狂言由来の演目です。

昨年ブログでご紹介させていただきました「人形演劇祭 inochi」

その折に観劇しましたが、「古典」ですが、堅苦しいものではなく、わかりやすく楽しい作品でした。

そして「田能久」、すき焼きの話ではなく(わかりにくいギャグですみません。。。)落語が元になっていますので、こちらも楽しめるものになりそうです。

2月5日(金)から一週間。本多劇場「小劇場 楽園」です。

チケットなどは、こちらで。

糸あやつり人形「一糸座」 isshiza@gmail.com

12552646_742081642590863_2438524395871196191_n (1)

人形演劇、「モノ語り◇水仙月の四日」

寒い日が続いています。
18日の積雪がまだ残る中、今週末もまた冷え込むようです。
早く春が来ないかしら。。。
こんな季節にぴったりの人形演劇、「モノ語り◇水仙月の四日」のご案内です。

20150903104127

「水仙月の4月」の原作は、言わずと知れた宮沢賢治。
春の訪れを告げる水仙の花が咲き出す頃、人をあざ笑うかのように起こる猛吹雪。そんな水仙月の四日に、二匹の雪狼(ユキオオカミ)を引き連れた雪童子(ユキワラシ)が、雪原で赤い毛布をかぶった人間の子供に出会う。。。。
演じるのは「genre:Gray  ジャンル:グレイ」。

※genre:Gray ジャンル:グレイ
       02年黒谷都が提案した「利己的物体と奉仕的肉体によるグロテスク」を基流に、

       北井あけみ・塚田次実と共に「人形/モノとその遣い手」の在る表象行為の

       独自性 を探る緩やかな集まり。「国立ラボ」を拠点に、美術家や「月の娘たち」他

       WS参加者も親しく協働する。「ラボ」と世界を二股に、白を見極め、黒を突き詰め、

       境界線に灰色を創る。

今回は、2012年初演された作品を、ダンサー・丹羽洋子、舞踏手・小玉陽子という新たなメンバーを加えてので再演です。

「モノ語り」とあるのは、ダダの人形劇ではないから。
モノが語り出す、「モノ語り」。人形遣いの手によって、命を宿したモノたちが魅せる「自然と人とのモノ語り」。舞台写真で、ワクワクしてみてください。

3a578a_b6faf12defe14deca2edf318c06a613c

モノ語り◇水仙月の四日

日時:1月29日(金) 19時開演
     1月30日(土) 15時開演
会場:富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ
料金:一般:¥3,000 大学生:¥2,000 高校生以下¥1,000
※託児サービスあり、です。

詳細は、ホームページで。
富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ

3a578a_69c9a6448dbd4e8d8e115ba850404539

そして、「genre:Gray ジャンル:グレイ」って、どんな人たちがどんな活動をしているのか、がわかるページのご紹介。詳しく知りたい方はコチラを。

Genre:Gray 利己的物体と奉仕的肉体によるグロテスク Facebookページ

人形演劇「モノ語り◇水仙月の四日」

「今後再演は難しいのでは…というスペクタクルな舞台、本当に美しいモノ語りです。どうぞお見逃しなく! 」とのメッセージをいただきました。池袋から東武東上線で30分。モノ語りを観にいかがでしょう

コチラが、人形演劇祭inochi で上演された時の劇評です。ご参考に!
劇評 「村井健が行く」

モノ語りを体験したい方には、「ワークショップ」もあります。
1月31日(日)14時~17時 ¥500
お申し込みは、直接来館、またはオンライン申し込みで。
genre:Gray (ジャンルグレイ) 人形演劇『モノ語り◇水仙月の四日』ワークショップ