江戸糸あやつり人形結城座公演 のご案内

日程的にはちょっと先ですが、糸あやつり人形芝居のご案内です。

早めに席を確保したい方は、前売りが始まりました。

イラストは、串田和美さん。

 

演目は、『雀去冬来 すずめさりてふゆきたる チュエチュイドンライ』

江戸糸あやつり人形結城座公演、結城座が、若手アーティストと作る新作です。

 

ここはとある

アジアの街の老人ホーム。

終の棲家で暮らす5人が「老い」に向かうその姿は、

時にコミカルでシリアス…

そして思いもよらぬ結末へ。

様々な人生が

揺れ動いていく群像劇です。

江戸からの伝統糸あやつり人形「結城座」が、気鋭の演出家 ワン・チョン(Wang Chong)氏と、世界で活躍する若手劇作家 ザオ・ビンハオ(Zhao Binghao)氏を迎えて挑戦する「実験的なライブ映像を駆使した人形芝居」。

出演は、結城座のほか、「劇団温泉ドラゴン」の阪本篤氏が客演。

人形美術は、串田和美氏です。

 

2017年11月30日(木)~12月3日(日)

会場 座・高円寺2

全席指定 一般¥5,500 (U-25 結城座DM会員チケットあり)

チケットは、結城座DM会員先行予約 2017年9月15日~10月10日まで ¥5,000

一般販売 10月2日より

詳細は、結城座

特設ページもご覧ください。「雀去冬来」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA