Puppet House ロゴマーク presents 2021

 
作品写真作品写真

 

2月23日(火)19時オープン

 

WEB展覧会ページ入り口

  

 

Na Dlani Marionettes / ナ・ドラニ マリオネットの新作展覧会を開催することになりました。

チェコは現在もロックダウン中で、2月にプラハで開催される予定だった展覧会が延期になってしまい、いつ開催できるか目処が立たない状況とのことです。

 

そんな次第で、展覧会のために創りためた作品が、昨年秋に続いてパペットハウスへやってくることになりました。

東京も非常事態宣言が出されている最中ですので、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、インターネットでご覧いただくオンラインでの展覧会として開催します。

 

WEB展覧会は、2月23日(火)19時オープンといたします。

出展作品は10作品。そのうちセット作品が1点、展示台付き作品が2点です。

 

●ご注文は、メールでお願いいたします。 

●先着順で受付けいたします。ご返信は翌日となります。 

●作品の仮押さえは、お受けできませんのでご了承ください。 

●ご売約になりましたら、順次お納めをいたします。 

 

佐久間奏多氏のWEB展覧会、お楽しみいただけますことを願っています。

 

パペットハウスのブログで、展覧会の追加情報などお伝えしています。

 

佐久間奏多WEB展覧会を開催します  2/16 UP

「WEB展覧会」本日19時オープンです。  2/23 UP

「酔っ払いのマリオネットたち  2/25 UP

 

佐久間 奏多 / Sakuma Sota

1977年愛知県生まれ。2000年:東京造形大学卒業(染織デザイン専攻)。在学中にチェコの劇人形に出会い、衝撃を受ける。1999年:劇団ドラック(チェコ)美術監督ペトル・マターセク氏らによる長期ワークショップ「人形演劇プロジェクト2000」(於:シアターカイ)に参加。2000年秋:渡チェコ。2002年:チェコ国立芸術アカデミー人形劇学部舞台美術科大学院に入学。ペトル・マターセク氏に師事する。2005年:同大学院を首席で卒業。NaDlaniマリオネットの制作を開始。2009年3月、パペットハウスギャラリーにて初個展。プラハ在住。

 

作家画像
展覧会活動など : 「ストーリーテラーズ-小説と絵画-展」(2010年、於:高島屋美術画廊 / 後援:実業之日本社)出展。「Story of puppet」(2011年)、GAMU(プラハ)、Biim gallery(ソウル)、パペットハウス(東京)。「Japonští výtvarníci žijící v Praze」(2011年)、Galerie Lazarská(チェコ) 。「チェコの人形、伝統と現代」展(2011年)、Galerie Smečky(プラハ)に唯一の外国人として参加。「Gepetos de Praga」(2012年)、ブラジル・サンパウロ。2014年12月、プラハのギャラリーにて林由未との2人展。2015年11月、ポネツ劇場(プラハ)のプロジェクトでヨーロッパ文化イヤーの開催都市ピルゼンにて上演される芝居「Among us」の舞台用人形を制作。

 

佐久間 奏多のマリオネット作品を見る

佐久間 奏多のマリオネット以外の作品を見る