もふもふモフィー!ちょっとグレー

工藤和也さんから、ちょっとグレイッシュなMoffy モフィー」が届きました。

オット、後ろ向きで失礼。。。

もしも~し。

ちょっと、こっち向いてください。

毛先がちょこっとグレーがかった今回のモフィーたち。

双子みたいにそっくりですけど、それぞれの可愛さと個性があります。

二匹でじゃれあっています。

ホームページでも、ご紹介しています。

★工藤和也 Moffy モフィー 2205

★工藤和也 Moffy モフィー 2206

糸あやつり人形芝居 3月メジロ押し

糸あやつり人形の舞台公演はそう多くないというのに、なぜ3月に密になってしまうのか。。。

伝統の糸あやつり、小さな糸あやつり、独自スタイルの糸あやつり、とタイプも大きさも様々な糸あやつり人形の公演です。

まずは。

前半の公演がすでに終了していますが、10周年記念の連続公演後半戦を控えている「ぴぴ☆しあたー」

客席ひとつのちいさな人形劇場、一度覗いたら虜になること間違いなし!

 3月21日(月・祝)『 サンダー☆ソング 』
 3月26日(土)『 The SEA ~ 海 』

会場: 鎌倉の絵本カフェ  ソングブックカフェ※10周年を記念して、投げ銭にて公演!!

つづいては、
大人も子供もたのしめる古典人形芝居と銘打った江戸時代から続く糸あやつり人形芝居です。
演目は、三番叟 橋弁慶 田能久(たのきゅう)
五穀豊穣を願う舞、弁慶と牛若丸の出会いの場面、楽しい古典落語の名作、とバリエーション豊か。
終演後に人形の遣い方を体験できる触れ合いタイムもあります。

会場座・高円寺1 3月19日(土)・20日(日)

11:00/14:30  (開場は開演の20分前)

全席自由席/大人 3500円  子ども(中学生以下) 1000円

<未就学児(膝上は無料)>座席が必要な場合は子ども料金です。

 

同じく江戸からの伝統の糸あやつり人形劇。

江戸糸あやつり結城座の公演は、カフカの「変身」です。

フランツ・カフカの有名すぎる原作を、シライケイタ氏の脚本・演出での公演です。人形美術は、画家・谷原菜摘子さん。

2022年3月26日 – 3月30日

注目を集めている公演だけあって、全日程キャンセル待ちとのことです。

会場「劇」小劇場

 

独創的な人形構造と操作方法、ユニークな人形表現で、

独自の世界を紡ぐ山本由也氏

genre:Grayの活動拠点、東京都国立市の片隅にある民家を改造した小さな稽古場「国立ラボ」で、15名限定というとても贅沢な公演です。

3月26日(土)15:00開演(14:45開場)
場所:国立ラボ
料金:3,000円 上演時間:60分 定員:15名

 

どの公演も、感染症対策がしっかりなされているようです。

来場時の検温・手指消毒・マスク着用などご協力をお願いいたします。

暖かさを感じる今日このごろ、楽しい観劇ができますように!

 

テディベアマリオネット、到着。

Orangeparfaitさんのフェルトタイプのマリオネット、ベージュのテディベアが届きました。

ほんわり淡いベージュが可愛いパクパクタイプです。

クチを開いたときと閉じたときの表情の違いが楽しめます。

手のひらと足の裏のアクセントカラーは、ターメリック、鬱金色。

お店で、みな様をお待ちしています。

ホームページでもまもなくご紹介いたします!!

Orangeparfait テディベアパフェ2203

モップ犬・Moffy モフィー 茶系が2匹です!

工藤和也さんの人気マリオネット、モップ犬・Moffy モフィー(茶系)のご紹介です!

そっくり双子のような2匹。

パペットハウスで、じゃれまわっています。

というのは冗談ですが、本当に可愛く動いてくれます。

どこから見ても、かわいいです~

実はこの2匹、工藤さん自らパペットハウスに連れてきてくださいました。

思っていた以上に、小さな包みでびっくり。。。

そして、工藤さんが人形美術を担当している「客席ひとつの人形劇場 ぴぴ☆しあたー」の10周年記念企画のご案内も一緒に持ってきてくれました。

ぴぴ☆しあたーの歴代の演目が、今年3月に鎌倉で連続公演されます。

詳細は、下記ホームページで!

ぴぴ☆しあたー、10年の歩みや、あれやこれやがわかっちゃいます!

Moffy モフィー たちは、ホームページでもご紹介しています。

★ Moffy モフィー 2203

★ Moffy モフィー 2204

 

 

寒中お見舞い申し上げます。

寒中お見舞い申し上げます。

年明けに雪が降ったりと、東京も寒い日が続いています。

皆様のお住いのところはいかがでしょうか。

春の訪れが待ち遠しい今日このごろですが、寒さに負けず、お体大切にお過ごしください。

パペットハウスには、新年になって新作が続々と届いています。

今年も、たくさんの新作や公演情報などをご紹介したいと思います。

当ブログ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ハウスキーパー 深沢 美和子

 

 

 

 

 

うさぎのパペット エプロンミミさん

新年に、たくさんの新作が届いています。

今日ご紹介するのは。

ami大久保美江さんの、うさぎのハンドパペット「エプロン ミミさん」

シックな色合いのお洋服に、花柄のエプロン。

エプロンのポケットには、ミミさん愛用の料理ベラ。

これも、ami大久保美江さんの手作りです。

お家仕事が 大好きな ミミさん。

寒い冬は 暖かく過ごせるよう 家の中を整えます。

ポケットには 長年使い込んできた 料理ベラ

今日も 温かく おいしいご飯を作ります。

こんな素敵な働き者のうさぎさんが、お家にいてくれたらいいのに、、、、

裏布もキッチン柄のこだわりです(*^^*) かわいい。

みなさんのご来店、お待ちしています。

今年は「寅」の年。

2022年、干支は「寅」。

 

新年に、寅にちなんだ作品が届きました。

寅八さんの腹話術人形です。

男の子と女の子が一体づつ。

男の子は、その五十一。女の子は、東京に降った雪にちなんで「ゆき」ちゃんと名前をつけました。

そして。

パペットハウスにいる「トラ」たち。

アヤ*シイさん「ミニマルマリオネット・トラ」

小さな手乗りタイプのトラのマリオネットです。

 

そして、井上文子さん「キトラネコ」。トラネコ、トラです!!

もう一体、、、

ネコなのにホワイトタイガーと言い張るこの子。(どなたかのパクリですみません。。。)

いつもは「シマネコ」と名のっています。

今年も、トラブルなく一年が過ごせますように!!

どうぞよろしくお願いいたします。

F-1 腹話術グランプリ決勝戦!!!

F-1 腹話術グランプリ2022 の決勝戦 は、2022年2月5日 (土) 

神戸アートビレッジセンターで開催です!!

神戸アートヴィレッジセンター  神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号

こちらで↷ 決勝戦に残った方の映像を見ることができます。

F-1 腹話術グランプリ2022

決勝進出者は、ヤング部門4組、ナイスミドル部門8組の12組。

選び抜かれたバリエーション豊かな演者達の芸をお楽しみください!

 

そして!シークレットだった最後の一人の審査員は!!

いっこく堂さん!ということが発表されています。

いっこく堂さん、言わずとしれた腹話術界のレジェンドです!

今回は審査員ということで、パフォーマンスはナシだそうです。

いっこく堂さんの前でパフォーマンスをする12組の方々、ドキドキワクワクテンションバクアゲ!じゃないかと思います。みなさん、頑張ってください!!

いっこく堂 Official web site

 

決勝戦のチケット購入方法は、大会ホームページでご確認ください。

会場にて観戦 前売 3,000円 / 当日 3,500円

※全席自由席 ※未就学児入場不可

数に限りがありますので、どうぞお早めにお求めください!

 

神戸まで行けない!!というかた!!

なんとなんと!!

オンラインのライブ配信にて観戦ができます~ ヽ(=´▽`=)ノ 料金 2,000円

1週間の間、アーカイブ(録画された映像)を見ることができます。

 

若林由美子さんの新作到着です!

新年、新しい人形のご紹介です。

若林由美子さんの、めちゃくちゃ可愛い作品が4作品!!

まずは、タヌキ!

タヌキ?だと思います、たぶん。

若林由美子作 クチパク人形 タヌキ

 

抱き犬タイプの作品が、3作品。

もしゃもしゃの毛並みがかわいい、抱き犬 シロ

もう~かわええ~(*^^*)

かなり大きくて抱きごこち抜群。

 

もうひとつは、つぶらな瞳がたまらない 抱き犬 チャチャ

 

最後に、抱き犬タイプだけどカワウソ。。。 

抱きタイプ カワウソ

ぜひぜひその手で抱っこしてみてください!!

お待ちしています~

あけましておめでとうございます。

おだやかな青空の飯田橋。

今日・1月4日(火)から、パペットハウスは営業開始です。

あけましておめでとうございます。

そして、今年は年始から新しいはがきビラでスタートです!!

昨年は、営業自粛などもあり、ポストカードを作らないまま一年が過ぎてしまいました。なので、2021年は欠番です。

2022年のはがきビラは、淡いピンクで作りました。

新しい年が、明るい年でありますように!!そんな願いが込められています。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。