定番マリオネット「山猫」、復活しました!

HaraTieさんの、定番マリオネット「山猫」。

山猫の誕生は、2001年。

和紙の衣装の「旧・山猫」

宮沢賢治の「どんぐりと山猫」をイメージして、馬車別当とともに作られた作品です。

作品の評判がとても良かったので「山猫」は、パペットハウスの定番マリネオットとして作っていただくことになりました。

定番といえども、一点ずつ手作り。

表情や衣装の色など、それぞれに違うたくさんの山猫たちが生まれました。

HaraTieさんが染めて裏打ちして作っていた和紙の衣装が魅力のひとつでしたが和紙が手に入らなくなり、定番から姿を消していました。

「山猫」の引退を惜しむ声が多く、この度、「布の衣装の山猫」として復活しました!

布の衣装の「新・山猫」

布は、HaraTieさんが染めています。

和紙のような微妙な染めむらやぼかしはありませんが、柔らかな感触で動きもスムーズです。

胸元の飾りも、新しくなりました。

キラリと金の飾り

お店の、HaraTieさんコーナーの定位置に展示されました。

新しくなった「山猫」、ぜひ見にいらしてください。

HaraTieさんコーナーの定位置に!

新着作品 / New Arrivals 山猫1810

オマケです。

歴代山猫の首の飾り。

 

ペトル・マターセク 書籍販売のご案内

9月21日(金)から一週間の会期で開催された

「Petr Matásek 追悼展 ―人形劇の革命児が遺したものと受け継ぐ者―」

たくさんの方にご来場いただきく、好評のうちに終了いたしました。

会場で販売されていた書籍、

「PETR MATASEK PROSTOR HMOTA DIVADLO」

今回の展覧会のために、チェコから林由未さんが持って来日されました。

人形劇の舞台、人形、かしら、舞台美術、イラスト、ポスターなどペトルの仕事の画像がたっぷり、187ページ。

チェコ語(一部英語)ですが、画像を見るだけでも刺激的です。

チェコでも、もう手に入らない書籍だそうです。

あと6冊ほど、ございます。

10月20日(土)までは、パペットハウスで販売可能です。

一冊、5千円(税込み・送料別)

ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに、劇団ドラックの記念誌は、黒本一冊のみ残っています。

 

井上文子作、ハンドパペット登場!

存在感のある造形、可愛いキャラ、そのうえ使い勝手も抜群のクチパク人形の制作で定評のある井上文子さん。

その井上さんから、ハンドパペットが届きました。

ハンドパペットとしては、ちょっと大振りなかしらは、とても立体的で魅力的な造形です。かしらの首くだ(指を入れるところ)は、2本指が入るようになっていて、微妙な動きを出すことができます。

今回届いたのは、ちょっとご年配の道化「ロン」。

ロン、です!

若い道化の「ポン」。

ポンです!

ロンとポン。。。やっぱり年上の方が強そうな感じ。。。

2体一緒に撮影するのに、ちょっと苦心。。。

袖がズルズル。。。

寝っ転がって撮ってます。

お店でお待ちしています~

★井上文子 ハンドパペット

みそろぎ人形展 MISOROGI

MISOROGI

秋の訪れとともに、ご案内する季節となりました。

みそろぎ人形展 -創作と民俗の出会い-

10月10日(水)~10月16日(火)

9時~21時(最終日16時閉場)

丸善丸の内本店4Fギャラリー

入場無料です。

 

ご案内状を送ってくださったのは、杉田明十志さん。

人形作家ととして活動されていますが、パペットハウスの企画展への作品や、美しくて愛らしいマリオネットを制作してくださっています。

杉田明十志 Other Puppets 

杉田明十志 マリオネット作品 

今年は、どんな作品をつくられたのか、楽しみです。

 

今回、気になっているのは、、、

SMALL PROJECT

「各作家の世界への入り口となる、小さな人形や小さな何か・・の制作を出品作家の皆様にお願いしました。ほとんどが手のひらサイズ。
どれも作家の一点物の手作りで、同じものはありません。」

そして、「気楽にお求め頂ける価格」で、お持ち帰りもできちゃうようです。

なので、たくさんご覧になりたい方は早めのご来場を!

会場では、石田百合さんのパフォーマンスや、ワークショップもあります。

☆パフォーマンス

石田百合 + 蜘津 Chizu Solo Theater
「満ち欠け」 
10月10日(水)午後7時
10月14日(日)午後2時 
観覧無料

約25分の上演時間です。

☆ワークショップ

ままごと森 よるのうさこ
「水晶を持ったマモノちゃん」

10月15日(月)13時

10月16日(火)10時

受講料¥5,400(材料・税込み)所要時間 約2~3時間

 

 

 

 

 

 

 

ペトル・マターセク追悼展 終了いたしました。

Petr Matásek 追悼展

――人形劇の革命児が遺したものと受け継ぐ者――

9月21日(金)から一週間、昨日27日(木)にペトル・マターセク追悼展が終了いたしました。

会期中、あいにくの雨模様の日が多く足元の悪い中、たくさんの方にご来場いただきました。本当にありがとうございます。

出展作品は、これから撮影等をした後、ホームページでご紹介の予定です。

おいでいただけなかった方も、画像でご覧いただければと思います。

教え子である林由未、佐久間奏多のこれからの活躍を、ペトルが見守ってくれることを願います。

Kim Minjungさん、久しぶりの新作がかわいすぎる!!

韓国の女性アーティスト、Kim Minjung キム・ミンジョンさん。

久しぶりに新作3体が届きましたが、その新作がかわいすぎる!

小さくて繊細、そして深い精神世界を感じさせる彼女の作品。

lapin ウサギ。 lion ライオン。 cerf シカ。の3体です。

タイトルがフランス語なのは、Minjungさんがフランスを旅してまわったあとに制作した作品だから、みたい。

その大きさを(小ささ)をわかっていただけるように、糸巻きと一緒に撮影してみました。

lapin ウサギ

lion ライオン

cerf  シカ

伝えきれない!!

 

彼女からは、それぞれの作品について短いコメントが付いていました。

シカは、恥ずかしがり屋で臆病もの、緑の草を愛しているらしい。

ライオンは、プリマになりたいバレリーナ。完璧にみえるけれど、本当はちょっといいかげんな、、、。

ウサギは、Honne(ホンネ)「Warm On A Cold Night」を聴きながら制作したそうです。

彼女の作品を理解するためのコネタでした。

そして、彼女から送られてきた写真。

なぜ、こんなに健気で純粋で愛らしいの?

見ていると胸にこみ上げてくるものがあります。

作品を作っている彼女を、知っているからかもしれないけれど。

緑の草を愛するシカ

バレリーナのライオン

ウサギ

お店にはもう展示してあります!

素敵な作品を、ぜひ観に来てください!

 

あ、明日、明後日(日曜・月曜)は、二階のお店はお休みです。

一階ギャラリーでの「Petr Matásek 追悼展」は、お休み無しです。

ペトル・マターセク追悼展 始まりました。

Petr Matásek 追悼展

――人形劇の革命児が遺したものと受け継ぐ者――

本日、9月21日(金)、無事に幕を開けました。

生憎の雨の中、ご来場くださった皆様、ありがとうございます。

来週27日木曜日まで、ギャラリーはお休み無しで営業いたします。

会場では、ペトル・マターセクが舞台・人形美術を担当した作品「ピノキオ」「金髪のお姫様」の動画等もご覧いただけます。

林由未さんが、チェコから来日、基本、在廊いたしますが、詳細はお問い合わせください。

2階のお店は、通常通り日曜月曜をお休みいただきますので、ご了承ください。

 

人形劇公演情報 2018年秋 9月10月11月

秋になって、人形劇の公演のご案内をいくつか頂いていますので、ご紹介を!

プラテーロとわたし

詩人がロバに語りかける穏やかな日々の輝きと憂い

天体ヘキサプリズム他

日渡奈那ホームページより

2018年9月29日(土) 18時(開場17時30分)

30日(日)16時30分(開場16時)

出演者:日渡奈那(ギター) ナカヤマカズコ(作・朗読) 山本由也(人形操演)

ゲスト:侘美秀俊(作曲・鍵盤ハーモニカ)

全席自由 大人3000円 子ども1000円

会場:Space Cafe ポレポレ坐

 

 

 

糸あやつり人形一糸座

小平市平櫛田中彫刻美術館 人形浄瑠璃公演

一糸座ホームページより

伊達娘恋緋鹿子八百屋お七 (火の見櫓の場)

田能久

2018年10月6日(土)14時

7日(日)14時

入場料 一般800円 小・中学生150円

会場:小平市平櫛田中彫刻美術館

 

 

人形劇団ひとみ座

にんぎょうげき はれときどきぶた

はれぶた!

2018年10月13日(土)

11時(10時45分開場) 14時(13時45分開場)

会場:横浜人形の家4F あかいくつ劇場

横浜人形の家

 

沖縄人形芝居かじまやぁ

チョンダラー

チョンダラー

2018年10月26日(金) 開演18時30分

10月27日(土)開演11時 15時

前売 3,500円 ペア券 6,600円 U18 3,000円

当日券 4,000円

会場:プーク人形劇場

 

Genre:Gray 利己的物体と奉仕的肉体によるグロテスク

ku ni ka

森姥 morinba

ストライプハウスホームページより

2018年11月10日(土)~12日(月) 

      11月15日(木)~18日(日)

定員:12名(完全予約制)

料金:3,500円(リピーター2,000円)

展示期間:11月10日(土)~19日(月)

会場:ストライプハウスギャラリー 3F

 

 

 

パペットハウスギャラリーでは、来週金曜日から企画展が始まります。

Petr Matásek 追悼展

――人形劇の革命児が遺したものと受け継ぐ者――

ご来場、お待ちしています!

kinokosupaさんの新作が到着しました。

9月に入って、新作が次々に到着しています。

kinokosupaさんの、鉄心タイプの新作マリオネット4体、到着です。

ギョネコ

青い瞳が魅力的な「ギョネコ」。

胸にはお魚のペンダント。お魚が好きなのかしら?

クマジャラシ

緑色の顔のクマさんは、「クマジャラシ」。

ネコジャラシのペンダントを着けているって言うことは。。。。

ネコジャラシの好きなクマ?

 

ピナゲシ

ピナゲシ。

頭の上のお花が、ぴょん!

 

ソラタカ

同じ鳥キャラですが、鷹です。

猛禽類だけど、赤いほっぺがかわいい。

kinokosupaさんコーナーが、賑やかになりました!

 

ご来店、お待ちしています。

 

 

 

ウサギの姉妹のハンドパペット

ami大久保美江さんの「テケテケタイプパペット」=脚付きハンドパペットの新作です。

かわいいウサギの姉妹。

リサとププ。

姉妹ウサギ

茶色のウサギ、リサ。

首元のリボンがお洒落。

リサ

妹ウサギ、ププ。

赤いスカートに赤い靴。

ププ

ホームページでも、ご紹介しています!

テケテケタイプ ウサギのハンドパペット リサ

テケテケタイプ ウサギのハンドパペット ププ