新年2作目は、メフィストフェレス。

パペットハウスに届いた2021年2作目のマリオネットは、眞野トウヨウさんの「メフィストフェレス。

35cmと小ぶりですが、存在感のある木彫りの作品です。

眞野トウヨウさんのプロフィール

1978年、東京都生まれ。2010年、パペットハウスでマリオネットに出会い、その魅力の虜になる。2012年、東京都の無形文化財でもある江戸糸あやつり人形の劇団「結城座」に入座。舞台に出演しつつ修行をはじめる。2016年、退座して独立。「遊楽マリオネット」として活動を開始。商業施設や介護施設、寄席、イベント会場などでパフォーマンスをする。「糸あやつり人形一糸座」の舞台にも客演。2017年、東京都公認大道芸人「ヘブンアーティスト」に合格。現在、あやつり人形での大道芸、舞台出演、ミュージックビデオ等での人形操演を中心に活動している。

 

パペットハウスで、マリオネットに出会って、マリオネット操者となり、マリオネット作家として、今回パペットハウスでデビューです。(舞台用の作品は、いままでも作ってきていますが、販売用の作品を制作したのは初めてです。)

初めての作品にえらんだキャラクターは「メフィストフェレス」。

メフィストフェレスは、16世紀ドイツのファウスト伝説やそれに材を取った文学作品に登場する悪魔。誰もが知るキャラクターです。

眞野さんの手になるメフィストフェレスは、青い瞳で隻眼、全身赤の衣装に身を包み剣を携え、不敵な笑みを浮かべています。

マント、フード、首飾は、取り外すことが可能です。

遣い手でもありますから、動きへのこだわりも当然。なめらかな動きを楽しめます。

早速、お店に展示しました。こんな時期ですので、ぜひお店にいらして、、、と言えないのが残念です。

ホームページでご紹介していますので、ぜひご覧ください!

眞野トウヨウ メフィストフェレス

パペットハウスで、マリオネットに出会って作品をつくるようになった作家さんは、HaraTieさんアヤ*シイさん佐久間奏多くんOrangeparfaitさん、ぬいぐるみ作家のいまいさやかさんや、彫刻家の田島享央己さん、人形アニメーション作家の堀 貴秀さんも。先輩たちに続いて、素敵な作品をたくさん作って欲しい!!

マリオネット作者になった方は多いですが、操演者になったのは眞野トウヨウさんが初めてです。眞野さんの大道芸でのパフォーマンスもとても素敵なので、そちらもぜひお薦めしたいです。

★Twitter 遊楽マリオネット・眞野トウヨウ

★Facebook 遊楽マリオネット・人形遣い・眞野トウヨウ

★You Tube 遊楽マリオネット

 

 

 

 

 

 

 

2 thoughts on “新年2作目は、メフィストフェレス。

  1. おぉ〜っ!
    我らが真野さんの作品、いつか店頭に並ぶ日が来るのかと思っておりましたが、ついに!
    しかもまさかのメフィスト!
    彫り込みも気合いが!!
    わあぁ、見ていて気分が高揚してしまいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA