懐かしい人形の糸の張替え

以前にお納めしたマリオネットの、糸の張り替えをしました。

作品は、沢則行氏作「ハチ」

2000年に制作されていますから、19年前の作品です。

糸が切れてしまっていますが、人形はとてもきれいで古びたり汚れたりした感じがありません。お部屋に普通に飾っていらしたということですが、驚きです。

まずは、コントロールと人形を分離。

コントロールの金属部分が少し錆びていたので、錆をとって磨きました。

糸を結んでいる箇所、繊細なループになっていますので、慎重に慎重に糸を取り外して。。。

新しい糸を結んで、調整したら出来上がりです。(以外に簡単、、、)

パペットハウスにある最後のNoriSawa作品「カニ」と記念撮影。

和の布と洋布を魅力的に使って、沢さんの舞台作品「KOUSKY(小品集)」を思わせる独特の造形。動きも、可愛いんです。

沢さんがパペットハウスのために作ってくれた作品たち、こちらからご覧ください。

★パペットハウス日本の劇人形 沢則行 NoriSawa  

 

その沢さんが、現在取り組んでいる仕事。

ご存じの方も多いかと思いますが、東京オリンピック「東京2020 NIPPON フェスティバル」東北復興プログラム、「しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYO へ」の人形製作の総指揮をしています!

詳細はこちらで。

幸せを運ぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ

「モッコ」の命名は、宮藤官九郎さん、ベースデザイン・世界観は、絵本作家イラストレーターの荒井良二さんです。

上の画像は、5月29日に発表された10分の1の大きさのモッコです。

実際のモッコは、10メートルにもなるとのこと。現在、長野県で製作中です。

モッコの膝部分に乗っている沢さん。大きい。。。

こんな大きなものが動くのか?

沢さんが今まで手掛けてきた「巨大人形劇」の一部をご紹介します。

※巨大人形劇 さんしょううお 

※巨大人形劇 岩見沢人 

※野外巨大人形劇 ピノキオ 

※冬の野外巨大人形劇 雪わたり

 

巨大人形モッコ、ぜひ間近でその大きさと動きを見てみたいものです。

小さいカニは、パペットハウスで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA