ドレジャルSANの新作、到着しました。

林由未さんの敬愛する、チェコのベテラン作家 JAROSLAV DOLEŽAL(ヤロスラフ・ドレジャル)氏の新作2作品が届きました。

KŘIVÁČEK SAN クシヴァーチェックさん

「KŘIVÁČEK SAN」

SANは日本語の「さん」です。クシヴァーチェックさん。

意味は、「ああ言えばこう言うひと」だそうです。

なかなかピッタリの日本語がみつからないので、そのままをタイトルにしました。

ああ言えばこう言うひと

なんともいえない表情、たたずまい。

これぞドレジャル!という人間描写です。

ちなみに。。。

PAN NOVÁK パン ノバーク

ノバークさんは、チェコ語のミスターにあたるPAN パンがついていました。

今回の作品のタイトルには、ドレジャル氏の日本への親密度が現れているのかも。

 

人間の内面を鋭く表現するドレジャル氏の、これまでの名品のいくつかを。

Kašpárek / カシュパーレック

一筋縄ではいかない雰囲気の道化。口元がなんとも皮肉屋な感じ、、、。

 

Drbná うわさ好き

噂好きのおばさんは、口じゃなくて目が4つというところがドレジャル的。

 

Don Juan ドン・ジュアン

心は牢獄の中?ドレジャルの描くドン・ジュアン。

 

Ptákovina 鳥の人

これはマリオネットではなく彫刻作品ですが、男の頭に乗っている鳥女の存在感!

 

Zajíc Běhal ザイーツ ビェハル

走るウサギ。ウサギですが、体はヒト?ドレジャル氏の動物表現の面白さです。

 

そして、今回届いた動物作品。

KACHNA SAN カフナさん

カモです。

カモおじさん

鳥ですが、耳が、、、手が、、、鳥のような人のような、、、。

 

「ドレジャリズム」と林由未さんのいうドレジャル氏の作品にあふれる精神、それに心を奪われる方が増えてきているように思います。私を含め、、、。

ドレジャルさんは、日本での反応にどんな思いを抱いているのでしょうか。

ホームページでのご紹介は、もうまもなくです!

JAROSLAV DOLEŽAL ヤロスラフ・ドレジャル

 

 

 

 

 

ドレジャルSANの新作、到着しました。” への2件のコメント

  1. ドレジャリズムの波にのまれた一人です。
    特に動物シリーズは目が離せません!

    • やうむさん
      それも大波ですね。
      次の波、どんな波が押し寄せるのか。。。
      期待しちゃいます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA