今日で、まる20年。

パペットハウスが飯田橋に移転して今日(2017年11月1日)で、まる20年です。

二十歳!!

お店の中も、外も、作品も、作家さんも、ずいぶんと移り変わりました。

オープン当日、パンチ看板は道路側についていました。

お店の前を通るトラック(細い路地を無理やり通る)にぶつかる、ということで今の位置に変更。。。

一階は、飲食店でした。ギャラリーになるのは、2000年。

つま先しか乗らないような、怪しい急階段。ドアは手作りでした。

パペットハウスの守り神?「パンチ&ジュディ」は、定位置です。

床は、事務所だった名残りのグレーのクッションフロアのまま。

こちらは、床を張り替えた後ですね。店主と二人で、頑張りました。。。

懐かしい作品の姿が見えます。

ノリサワ(沢則行)「魔女」 、バレシュ「悪魔」、「男と女」、など。。。

 

オープンしたてのお店の入り口のオブジェは、未完成でした。

「仮」でオープンしました。

現在のオブジェ

制作してくださった太田 拓美さんが、もういらっしゃらないとは。。。

20年という、時の流れを感じます。

たくさんの方に支えられて、ここまでやってくることができました。

感謝の気持ちでいっぱいです。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

上の画像と一緒に見つけた一枚。

ドイツ・ケルザー社のブタのハンドパペット。

20年前、、、まだ若かったなあ。

 

今日で、まる20年。” への6件のコメント

  1. 遅ればせながら…

    20周年おめでとうございます!!

    歴代の作品の数々。画像の中のお店に行ってみたくなりました。(気になる作品があっても過去には行けませんが、その分新作作品を楽しみにしています!!)

  2. NEMOさま

    ありがとうございます!
    オープン20周年のときも、いろいろとお心遣いいただいて、本当に感謝しています。
    お店は、その時にある作品でずいぶんと変わって来ました。
    これからも、変わって行くと思いますが、末永くお付き合いいただければうれしいです。

  3. 飯田橋のお店20周年 おめでとうございます!

    写真を拝見するとオープンの頃とは確かに作品も作家さんも変わりましたね。
    現在の充実したラインナップは、ひとえにパペットハウスさんが才能ある若い作家さんを愛情を持って大事に育ててこられたからに他なりません。
    そして、それと同じくらい時間をかけて、大事にマリオネットファンを育ててこられました。
    まさに偉業ですm(_ _)m

    パペットハウスさんで出会った作品を、ドンナの棚でご紹介できるのは私の喜びです。
    11月に入り、つい先日ドンナでは太田拓美さんを偲ぶ「陶の道化師」の展示に変わりました。
    太田さんはもういらっしゃらないけれど、作品は太田さんのやさしい世界そのものです。
    飯田橋のお店の『顔』となった看板もオブジェも太田さんが残してくださった素晴らしい宝物ですね!

    これからもパペットハウスさんが変化し、進化されていくのを楽しみにしています。

    • トポル様

      飯田橋のパペットハウス、初期の頃からずっとあたたかく見守って下さって、本当にありがとうございます。
      トポルさんのように、作家さんを育ててくださるお客様が、今のパペットハウスを作っているんだなあ、って思います。
      心から、感謝です。
      書棚画廊、太田さんの展示なんですね。ドンナに一緒にいきたかったな。。。

      いつもの、干支指人形の季節が近づいてきました。
      また、お邪魔いたします!!

  4. 20周年、おめでとうございます!

    僕がお邪魔してから早一年、まさかの節目に遭遇するとは思いませんでした。

    20年…僕はまだ幼稚園の頃ですねぇ。
    しかしその頃から人形遊びは好んでいたので、もしかしたらこれらも縁なのかなと思っております。

    今ではお会いできない方や作品も多いですが、その分今後の親しむ会、及び発表会時々私用でお邪魔させて頂きます。今後とも、よろしくお願い致します(°▽°)

    • マデスト様
      ありがとうございます。
      20年前は幼稚園ですか。。。。。。。。。。

      大人になっても人形遊び、良い趣味だと思います!!
      一年で、親しむ会、発表会の常連さんですね。
      これからも、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA