フランチシェック アントニーン スカーラの作品

古都プラハの若手作家展、二日目は昨日の雨がウソのようなお天気。

暑い中、ご来場くださったみなさま、ありがとうございます。

 

今回の展覧会のなかで一番の若手、フランチシェック アントニーン スカーラ。

フランチシェック アントニーン スカーラ

フランチシェック アントニーン スカーラ

チェコでは、映画美術家としての仕事 「Malý Pán メリー パーン」がありますが、日本では公開されていません。

mp1

mp3

どんな作品が届くのか、ドキドキしていました。

届いたのは3作品。

「悪魔」「お猿さん」「ウェイトレス」。

なかでも「ウェイトレス」に、釘付けになるかたが続出。

DSC01791

DSC01790

DSC01792

硬質な感じの彫り、古びた感じをただよわせる塗り、個性的な表現、ぜひ、ご覧頂きたい作品です。

作品は日本初公開、販売されるマリオネットの制作も、今回が初めてとのことです。

今週の土曜日、7月16日(土)までです。

皆様のご来場、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA